芸能

山本リンダが仮面ライダー撮影現場を回顧「ムカデにこまっちゃうナ」

仮面ライダーで「マリ」を演じた山本リンダ(左から2番目/写真は本人提供)

仮面ライダーで「マリ」を演じた山本リンダ(左から2番目/写真は本人提供)

 1971年に放送が始まった『仮面ライダー』は、藤岡弘(現・弘、)の負傷により、急遽、仮面ライダー2号として一文字隼人(佐々木剛)が登場する。その2号ライダー編から、作品の雰囲気は一気に華やかになった。

 それまで仮面ライダー1号を助けてきたFBI捜査官の滝和也、立花藤兵衛のほかに、血気盛んな女の子たちがショッカーとの戦いに加わったからだ。中でも、紅白出場歌手として人気を集めていた山本リンダの参加は「仮面ライダー」の世界を、よりエンターテインメントへと導いた。当時の思い出を語ってもらった。

 * * *
 レコード会社の移籍にともない、音楽の活動が制限されていた時期に、仮面ライダーに出ませんか、とオファーが来たんです。

 すぐに承諾しました。私ね、昔から好奇心が強くて、何事にも挑戦することが大切だと思っているの。子供番組だとか、そんなことは気にしないで、私にできることなのであれば、とお引き受けしたんです。それに、実は私、子供の頃、お転婆だったんです(笑)。アクションシーンもあるといわれ、逆にもう、ドキドキワクワクしていたくらい。

 私が演じたのはマリという女の子でフェンシングが得意という設定。スタッフは私にアクションの経験がないから、剣でも持たせておけば、蹴ったり投げたりしなくてもそれなりに格好がつくのでは、と思ったんじゃないのかな(笑)。もちろん、撮影が始まる前に、都内のフェンシングクラブに通い、突き方など一通りの動作は習ったのよ。

 海や山のロケが多かったんだけれど、とっても楽しくって。撮影の合間は、ほかの女の子たちと大騒ぎ。まるで修学旅行でした。

 この2枚の写真は大阪城近くの野原でのロケ。いつものように、みんなで撮影の合間に四つ葉のクローバー探しや首飾りを作ったりして遊んでいたんですけど、いきなり大きなムカデが出てきてワーキャーって(笑)。その後、十字架に縛られるシーンを撮影したのですが、いつムカデがニョロニョロ下から這い上がってくるか怖くて怖くて。“仮面ライダー、早く私たちを助けて!”と演技を忘れて真剣に願っていましたね。

 そうそう、ムカデに対する私たちの怖がり方をスタッフの方が覚えていたのか、のちにムカデラスという怪人が現われたときは、みんなで笑っちゃいました。

 半年後、そんな楽しい現場を離れて、私は本格的な音楽活動を再開することになりました。

 おかげさまで『どうにもとまらない』がヒットし、新聞や雑誌が“『こまっちゃうナ』の山本リンダが『どうにもとまらない』で変身した”と書いてくださったの。「変身」の言葉に仮面ライダーが背中を押してくれているような気がして、心強かったのを憶えています。

【プロフィール】
山本リンダ(やまもと・りんだ)/1966年『こまっちゃうナ』で歌手デビュー。その後、多くのヒット曲を歌い、日本レコード大賞特別賞など多数受賞。

※週刊ポスト2021年10月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン