山本リンダ一覧

【山本リンダ】に関するニュースを集めたページです。

創価学会芸術部の活動とは?(左から山本リンダ、久本雅美、岸本加世子/時事通信フォト)
「久本雅美は5人いる」と言われるほどの機動力 創価学会芸術部の公明党“応援演説”最新事情
 公明党の選挙活動において重要な役割を果たしてきたのが、公明党候補を応援し、その呼びかけによって創価学会員の結束を強める芸能人たちだ。『宗教問題』編集長の小川寛大氏が解説する。 * * * 創価学会…
2023.11.02 07:00
週刊ポスト
久本雅美
久本雅美「私は公明党が大好きなんです!」創価学会芸能人による応援演説の中身
 党勢拡大のため、各政党の支援者が選挙に熱を入れるのは当然のことだ。その応援弁士が有名人ともなると、聴衆のみならず、陣営の士気も上がるというもの。創価学会の信者勧誘に貢献する芸能人たちは、公明党の「…
2022.12.12 07:00
女性セブン
仮面ライダーで「マリ」を演じた山本リンダ(左から2番目/写真は本人提供)
山本リンダが仮面ライダー撮影現場を回顧「ムカデにこまっちゃうナ」
 1971年に放送が始まった『仮面ライダー』は、藤岡弘(現・弘、)の負傷により、急遽、仮面ライダー2号として一文字隼人(佐々木剛)が登場する。その2号ライダー編から、作品の雰囲気は一気に華やかになった。 …
2021.09.29 16:00
週刊ポスト
一連のシリーズで阿久とコンビを組んだ都倉俊一とテレビ番組に出演した(写真/女性セブン)
阿久悠さん 山本リンダ『どうにもとまらない』で「女性上位の詞を実現」
 山本リンダのヒット曲『どうにも止まらない』は、作詞家・阿久悠さんによる挑戦的な歌詞が刺激的だった。この歌詞と出会った時、山本はどう思ったのか。当時の思い出と阿久さんへの思いを山本が語る。 * * …
2021.07.31 16:00
週刊ポスト
“お色気歌姫”の系譜を振り返る
奥村チヨ、辺見マリ、山本リンダ、夏木マリ…昭和“お色気歌姫”の系譜
 日本の流行歌史には脈々とエロティックな歌と歌姫が登場してきた。冒頭の艶めかしい声日本の流行歌史には脈々とエロティックな歌と歌姫が登場してきた。冒頭の艶めかしい声が強烈だった青江三奈、強烈なビートに…
2021.05.19 16:00
週刊ポスト
紅白歌合戦、平成元年の「第40回」で終了するはずだった
紅白歌合戦、平成元年の「第40回」で終了するはずだった
 NHK紅白歌合戦は2019年大晦日で放送70回の節目を迎える。その歴史に埋もれた知られざる意外なウラ話を、最新刊『紅白歌合戦ウラ話』が話題の合田道人(ごうだみちと)氏に聞いた。■突然、「出演キャンセル」にな…
2019.12.11 07:00
週刊ポスト
『屋根裏の恋人』 衝撃展開続くがドロドロ感なく新感覚との評
『屋根裏の恋人』 衝撃展開続くがドロドロ感なく新感覚との評
 今クールのドラマで、異色の不倫作品として注目を集めているのが『屋根裏の恋人』(フジテレビ系)だ。このドラマの見所について、コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * そんなわけで、今シー…
2017.07.05 07:00
NEWSポストセブン
芸能界で活躍するハーフ美女 その歴史とお宝写真
芸能界で活躍するハーフ美女 その歴史とお宝写真
 日本におけるハーフタレントの活躍は、今から約50年前、1960年代後半から始まった。テレビ放送のカラー化が本格的になり、より華やかなビジュアルのタレントが求められた。広告の世界では前田美波里のような、恵…
2017.04.07 16:00
週刊ポスト
幸福の科学、創価学会、統一教会 芸能人信者の扱いなぜ違う
幸福の科学、創価学会、統一教会 芸能人信者の扱いなぜ違う
 女優・清水富美加(22)の幸福の科学への「出家騒動」は、芸能関係者を震撼させた。収録済みだった映画やドラマの配給会社、契約中のCMスポンサー、広告代理店などの関係者は対応に奔走。こうした芸能人の信仰を…
2017.02.20 16:00
週刊ポスト
動員150万人、昭和スター総出演コンサートを黒沢年雄が語る
動員150万人、昭和スター総出演コンサートを黒沢年雄が語る
 観客動員数150万人突破の人気イベント「夢コンサート」。年間140回以上行われるステージには、昭和のスターが次々に登場し、まさに“中高年のフェス”といった感じだ。その魅力を出演者である黒沢年雄さんに語って…
2016.12.24 16:00
女性セブン
宮沢りえ『Santa Fe』発売時 出版元に1分間1000回の電話
宮沢りえ『Santa Fe』発売時 出版元に1分間1000回の電話
 衝撃の全面広告だった。今から25年前の1991年10月13日、読売新聞に人気絶頂のアイドルのヌードが掲載された。宮沢りえの写真集『Santa Fe』の突然の発売告知である。 その日、出版元の朝日出版社には、問い合わ…
2016.06.17 07:00
週刊ポスト
脚線美の黎明期彩った野際陽子、南沙織、キャンディーズら
脚線美の黎明期彩った野際陽子、南沙織、キャンディーズら
 榮倉奈々が表紙を務めた『an・an』(5月4・11日号。マガジンハウス刊)の「美脚特集」が話題となった。身長170センチ・股下80センチ以上といわれる榮倉のスラリと伸びた脚が印象的だ。いまや美脚は「女性の美」を…
2016.05.20 07:00
週刊ポスト
昭和の「お色気歌謡」が再人気 活力や希望取り戻す応援歌に
昭和の「お色気歌謡」が再人気 活力や希望取り戻す応援歌に
 エロ、アダルトが溢れた現代に欠けているものはなにか。大人力コラムニストの石原壮一郎氏は「それは昭和のお色気だ」と喝破する。昭和のお色気歌謡の代表作がいまリバイバル人気だという。 * * * 今の日本…
2015.07.25 16:00
NEWSポストセブン
野球で強い宗教校 創価は全員信者ではなく智弁も宗教色薄い
野球で強い宗教校 創価は全員信者ではなく智弁も宗教色薄い
 連日熱戦が続いた春のセンバツ高校野球。実は甲子園の盛り上がりと切っても切れないのが「宗教」である。複数回の優勝経験を持つ天理、智弁和歌山、PL学園など、強豪校には宗教団体を母体とする高校が少なくない…
2015.04.03 07:00
週刊ポスト
山本リンダ、久本雅美らが大幹部 創価学会芸術部の存在意義
山本リンダ、久本雅美らが大幹部 創価学会芸術部の存在意義
 創価学会は本部のもと、各地域組織のほか性別・年代別にまとまった壮年部、青年部、婦人部などがある。そのうえでさらに職業でくくられる組織もある。その一つ、文化本部の「芸術部」には、俳優や歌手ら有名タレ…
2014.12.10 16:00
SAPIO

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン