芸能

別居の長谷川京子、白シースルーシャツに「生脚+赤ピンヒール」の美貌 

メディアを通じて子供たちにメッセージ

六本木でひと際目立っていた長谷川京子

 ポルノグラフィティのギタリスト・新藤晴一(47才)と別居していることが明らかになった長谷川京子(43才)。

『女性セブン』がキャッチした2人の別居。長谷川は夫と12才の長男、8才の長女と暮らしていた自宅を出て、都内の高級マンションでひとり暮らしをしているという。

「今年春から新しく生活の拠点となるマンションを探し始め、子供を置いてひとりで家を出たんです。長男や長女とゆっくり会えるのは週末だけみたいですね。彼女はもう自宅に戻る気はないと思います」(長谷川を知るヘアメイク)

 その長谷川の姿が9月下旬、六本木にあった。白いシースルーのブラウスにデニムのハーフパンツ、腕にはグッチのバッグをかけている。そして、すらりと伸びた脚に合わせた真っ赤なピンヒールがひと際目を引く。

「友人らしき女性とレストランから出てきたところでした。マスクはしてましたけど、芸能人オーラがすごかったので、すぐに気づきました。そのあと、近くのお店にはいって秋物のファッションを見て回っていましたよ。とにかく生脚がすごくキレイで目立っていました。すれ違う人みんなが、ちらちら見ていたほどです」(目撃した女性)

 その美脚で、通行人から注目を集めていたという長谷川。これまで、自身のインスタグラムでも美脚を強調したショットを幾度となく披露してきた。

 9月19日には、「a few days ago」(数日前)とコメントを添え、ジャケットにヒョウ柄のミニワンピを合わせたスタイルを紹介。太股をちらりと見せた超ミニの姿に、「ミニワンピ 足もバンビ」「スタイル抜群」などと絶賛のコメントが上がっていた。

 美ボディを作るために、日々のトレーニングを欠かさないという長谷川。“バンビ美脚”は努力のたまものと言えそうだ。

美しさ際立つボディで現れた長谷川京子

美しさ際立つボディで現れた長谷川京子

一人暮らしを始めた長谷川京子(2021年9月)

ファッションモデルの仕事中心だったころはコンプレックスだったというバスト

真っ赤なパンツにタイトなTシャツ

真っ赤なパンツにタイトなTシャツ姿。夫と子供が住む家を出たという

2児の母とは思えぬ美脚

2児の母とは思えぬ美脚

街中で大胆ポーズ

街中でばっちりポーズ

子供たちに会うシーンも目撃された

子供たちに会うシーンも目撃された

美しいスカートの履きこなし

美しいスカートの履きこなし

関連キーワード

関連記事

トピックス