芸能

寺田理恵子さん 夫の遺品をリメークするのが「私にとっての感謝離」

元フジテレビ女子アナウンサーの寺田理恵子さん

元フジテレビ女子アナウンサーの寺田理恵子さん

 夫が亡くなった後、葬儀、埋葬、相続などさまざまな手続きに追われ、生前に愛用していた品々に手をつけられないまま年月が経ってしまうことが多い。悲しみをどう乗り越え、遺品をいかに整理し、処分すればいいのだろうか──。

 フジテレビの元アイドル女子アナで、現在はフリーアナウンサーの寺田理恵子さん(60才)が夫(享年53)と死別したのは、いまから9年前のこと。シャワーを浴びていた夫が突然うめき声をあげて倒れたのだ。

「呼ばれた気がして浴室に駆けつけるのとほぼ同時に、大きな音を立てて倒れました。外から声をかけても返事がない。倒れた際に体がドアをふさいでしまって開けられない。もうパニックでした」(寺田さん・以下同)

 救急隊が到着してドアを壊して救出し病院に運ばれたが、「大動脈破裂」で死亡が確認された。

視界に入る夫のものを一気に処分した

「裸の主人を包むため、救急隊のかたから『毛布か何かありませんか』と言われ、寝室にあった毛布を手渡しました。その毛布は紙袋に入れた状態で返却されたことを覚えています。いま考えると、主人が最期に身にまとっていたものだから、とっておいてもよかったと思うのですが、そのときは、もう目にするのも嫌で、紙袋に入ったまま捨ててしまったんです」

 これが最初に手放したものだった。そして葬儀の翌日には、目に見えるところにある夫のものは、一気にすべて捨ててしまった。

「その頃、『とんび』(TBS系)というドラマで、奥さんを事故で亡くした後、夫がエプロンから何からすべてを捨ててしまうシーンを目にしたんです。それを見てボロボロと泣きました。

 思い出の品を捨ててしまうなんて、それまでは理解できませんでしたが、ドラマを見てどこか共感できたんです。『前に進まなくちゃ』という自分の気持ちと重なったんですね」

 とはいえ、すべてのものを処分したわけではない。

「浴室ドアのガラスはすぐに直しましたが、床やタイルはいまも傷がついたまま。しばらくは浴室に近づくことすらできず、家族で銭湯を利用していました。寝室に入るのもなんだか怖くて、必要なものを取りに入らなくてはいけないときは娘についてきてもらっていましたが、夫のクローゼットには近づくことさえできなかったんです。だから、衣類などの愛用品は、まったく手つかずのままでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン