国内

令和の皇室を支える「13人の華麗なる女性皇族たち」、その素顔

 令和の皇室を構成するのは計18人、その中で女性皇族は13人、実に7割以上を占めます。では、皇室を支える女性皇族の方々は、いったいどんな人物なのでしょうか。眞子さまのご結婚が決まったいまだからこそ、改めて知りたい華麗なる素顔──。

・上皇后美智子さま(86才)

子育てにも一石を投じられた美智子さま(写真/AFLO)

子育てにも一石を投じられた美智子さま(写真/AFLO)

 平成時代は皇后として当時の天皇陛下を支えられ、いまは上皇后として令和皇室を見守られる美智子さま。「親子別居」が皇室の慣習となっていた時代に、「できる限り自分たちで子育てをしたい」という思いのもと、一般の子供たちと同じような子育てを進められた。

【天皇ご一家】
・皇后雅子さま(57才)

1993年にプロポーズを受けご結婚されて雅子さま

1993年にプロポーズを受けご結婚された雅子さま(写真/宮内庁提供)

 令和の皇后・雅子さま。1993年6月に、天皇陛下から「ぼくが一生全力でお守りします」というプロポーズを受け、世紀のご結婚に至った。中学校時代は女子ソフトボールチームを結成され、高校時代には“スラッガー・マサコ”とアメリカ・ボストンの地元紙に書かれた逸話もお持ちだ。

 歴代皇后の伝統であるご養蚕を受け継がれ、しっかりとその責務を果たされている。実は雅子さまは大の“生き物好き”で、子供の頃の夢は「獣医になること」だったとか。小学生時代はご自宅で飼っていたイモリを学校に持っていかれたこともあったそう。

・愛子さま(19才)

ご家族で英語で会話されることもあるという愛子さま(写真/宮内庁提供)

ご家族で英語で会話されることもあるという愛子さま(写真/宮内庁提供)

 天皇ご一家のご長女・愛子さま。高校時代はトップクラスの成績で、特に文系科目の成績はピカイチ。英語力は雅子さま譲りで、トレーニングのために両陛下と英語で話されるという“仲よしエピソード”も。

 昨年4月には学習院大学文学部日本語日本文学科にご入学。今年12月には20才のお誕生日が控えており、ますますのご活躍が期待される。

【秋篠宮ご一家】

・秋篠宮妃紀子さま(55才)

3人を育てられた(写真/宮内庁提供)

3人の子の母親でもある(写真/宮内庁提供)

 秋篠宮ご一家の3人の子供たちを育てられた母親でもあり、皇嗣妃というお立場でもある。大学時代、近隣の学校の男子からも「かわいい子がいる」と評判だった紀子さまに、秋篠宮さまが一目惚れ。「自然文化研究会」のサークル活動を通して愛を育まれ、紀子さま23才の頃にめでたくゴールイン。

・眞子さま(29才)

麗しのプリンセスたち

眞子さま、佳子さまご姉妹(写真/宮内庁提供)

 まもなくご結婚のときを迎える秋篠宮家長女の眞子さま。結婚式やお祝い行事などは行わず、一時金は辞退されてまで、小室圭さんとの愛を貫かれた。

・佳子さま(26才)
 秋篠宮家次女の佳子さまは、「美しすぎるプリンセス」として趣味のダンスに取り組まれるお姿がたびたび注目を集めた。これまで手話にも力を注がれ、今年5月には「全日本ろうあ連盟」に就職された。

【常陸宮ご一家】
・常陸宮妃華子さま(81才)

傘寿を迎えられた華子さま(時事通信フォト)

昨年、傘寿を迎えられた華子さま(時事通信フォト)

 上皇陛下の弟・常陸宮さまのお妃で、昨年80才の傘寿を迎えられた。津軽家14代当主・津軽義孝氏を父に持たれる名家のお生まれながら、常陸宮さまのために毎朝お弁当づくりをされるなど“庶民派プリンセス”としても親しまれた。

関連記事

トピックス