国内

パリピな自民党候補「元ミス日本」に“不仲の父”が語ったこと

親密なショットも

父とは不仲だという(男性と親密なショットも披露した松野未佳氏のインスタグラムより)

 自民党が10月11日に発表した衆院選の公認候補で、さっそく“世襲候補”かつ“タレント候補”として注目を集めているのが、比例代表東京ブロックで擁立された元「ミス日本」の松野未佳氏(26)だ。
 
 10月15日発売の『週刊ポスト』は〈自民党候補「元ミス日本」松野未佳氏の“水着”“彼氏”“パリピ”写真〉を報じている。

 未佳氏の父は旧維新の党代表の松野頼久・元衆院議員。祖父は自民党総務会長などを歴任し、政界引退後も「政界ご意見番」として細川護煕氏や小泉純一郎氏らの政治指南役を務めたことで知られる松野頼三氏で、曾祖父の鶴平氏から国会議員を三代輩出した政界の名家である。
 
 幼稚舎から慶応に入った未佳氏は、慶大在学中の2016年にミス日本コンテストでグランプリを獲得し、ハズキルーペのCMに出演するなどタレント活動を行なっていた。

 昨年9月には、未佳氏は小泉元首相と共に自民党本部を訪れ、当時幹事長だった二階俊博氏と面会し、国政選挙への出馬の意向をアピールして話題になった。

 全国紙政治部記者が語る。

「政界進出を後押ししているのは母親で、未佳氏が党本部を訪ねた時も付き添っていました。ただ、その際に現在何をしているのかと聞かれた未佳氏が『法科大学院を目指しています』と答えていたため、社会人経験がほぼない状態で次期衆院選に出馬するのはまだ早いだろうというのが永田町関係者の反応でした。

 それが今回擁立となったのは、自民党が2030年までに女性候補者の割合を35%にすることを目標としたこともあり、女性候補者を立てる数合わせの側面もあるのではないか」

 こうした娘の出馬に批判の声があがることをいち早く予想していたのは、父である頼久氏だったという。

『週刊文春』(10月21日号)では、頼久氏が「自民党の政治塾に応募するなど幼い頃から政治に興味は持っていましたが、今回の出馬には反対です。社会人経験はほぼないですし、若い女性でミス日本を受賞しただけ。まずは、ともかく勉強しろと言いたい」と厳しいコメントを寄せている。

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン