芸能

追悼・すぎやまこういちさん フジの番組をTBS局員につくらせた伝説

すぎやまさんは敏腕ディレクターでもあった(時事通信フォト)

すぎやまさんは敏腕ディレクターでもあった(時事通信フォト)

 作曲家のすぎやまこういちさんが9月30日、敗血症性ショックのため亡くなった(享年90)。「亜麻色の髪の乙女」や「ドラゴンクエストのテーマ」などの名曲で知られるすぎやまさんだが、元はフジテレビで音楽番組『ザ・ヒットパレード』などを手がける敏腕ディレクターだった。

 都立武蔵丘高校の同級生で、『日本レコード大賞』などの番組を手がけた元TBSプロデューサーの砂田実氏が、当時の逸話を語る。

「すぎやまくんとは学生時代からの親友で、彼がフジテレビ、僕がTBSに入ってからも仲が良かった。彼が当時、まだそれほど有名でなかったクレージーキャッツを起用して『おとなの漫画』という番組をやるから、『砂田くん、台本書いてよ!』と頼まれてね。

 ライバル会社なのに頼むほうも頼むほうだけど、受けるほうも受けるほうですよ(笑)。バーターっていうわけじゃないけど僕の担当していた音楽番組の編曲をやってもらったりしてましたから、今じゃ考えられない、おおらかな時代でした。

 ある時僕がTBSにいて、テレビのモニターで自分が担当したすぎやまくんの番組をこっそり見ていて、ふっと後ろを振り向いたら、局長以下、お偉いさんが立っていて睨まれたなんてこともありました(笑)。それでも当時はテレビ局の垣根なんて関係なく、面白いものを作ろうという空気が現場にはありました」

 すぎやまさんとの交流はその後も続き「2か月前くらいに電話をかけたけど出なかった。いつも必ず翌日返事があるんだけど、それがなかったから心配していた」という砂田氏。“戦友”の死を悼んでいた。

※週刊ポスト2021年10月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン