ライフ

大腸、胃、肺 がん検査に潜む「見逃し」「誤診」のリスク

がん検診の「見逃し」「誤診」をどう防ぐか(イメージ)

がん検診の「見逃し」「誤診」をどう防ぐか(イメージ)

 コロナ禍での外出自粛生活の中で、病院へ行くのを控える“受診控え”も多かったという。その“受信控え”で目立つのが、日本人の死因第1位である「がん」の検診だ。日本対がん協会(公益財団法人)の調査によると、全国32の支部が実施した5つのがん検診の2020年の受診者数は延べ約394万人で、前年比30.5%の大幅減だった。

 各自治体の調査でも同様だ。長崎市でも昨年、5つのがん検診の受診者数が前年比約1割程度減少した。

「長崎市はがん検診を積極的に進めている自治体ですが、昨年はコロナ禍で受診・検診控えが目立ちました。肺がんは4%減と減少率が小さかった一方、子宮がんや乳がんなど、医師との接触が多い検査が特に低下した。コロナの影響が強く感じられます」(長崎市健康づくり課・森洋二課長)

 受診控えにより、大腸がんの発見が遅れている実態も浮き彫りになった。横浜市立大学の研究グループが、昨年までの4年間にがんと診断された患者5100人余りを分析したところ、ステージ3(リンパ節に転移した状態)の大腸がんがコロナ以後は約7割増加したという。反対に、早期(ステージ1)発見は3割以上も減った。

 これらのデータは、受診控えによる「隠れがん患者」が全国に多数いることを示唆している。

 平時から、がん検診には「見逃し」「誤診」のリスクがつきものだ。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏が言う。

「多くのがんはいかに早く発見できるかが生死を分けるポイントですが、がん検診を担当する医療機関や医師の能力次第で、見落としや誤診もある」

 実際にどのようなリスクがあるのか。がんの部位別に検証していく。

肺がんのレントゲンに「死角」

 コロナ禍で発見の遅れが問題視される「大腸がん」。国が推奨していることから、各自治体が行なう集団検診では、「便潜血法」が主流だ。

 大腸内でがんが発生すると、便が接触して出血することがある。便潜血法は検便により出血の有無を確かめる簡便な検査だが、スクリーニング目的で行なわれるため、“陽性”でも実際の罹患率は1%程度と低い。痔などがん以外による出血が紛れることが多いためだ。

 一方、宮崎善仁会病院消化器内科の押川勝太郎医師は、「便潜血法では3割強の大腸がんに陰性反応が出るとの研究結果がある」と指摘する。

「便潜血は2日連続で便を取る『2日法』が行なわれます。2日陰性なら大丈夫だろう、という考えです。しかし、『便潜血異常なし』の結果はがんが存在しないことを保証するものではない。陰性だからと安心してしまい、数年間検査をせずにがんを進行させてしまった人もいます」(押川医師)

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン