芸能

國村隼の役作りの美学 「日本のモーガン・フリーマン」との評も

ジョニー・デップ(左)とも共演/全国公開中の『MINAMATAーミナマター』(C)Larry Horricks

ジョニー・デップ(左)とも共演。全国公開中の『MINAMATAーミナマター』(C)Larry Horricks

日本のモーガン・フリーマン

 國村は役作りについて尋ねられても「何もやっていない」と答えるという。「役を作るというより、むしろ“役を感じる”ことが大事」としている。

 映画『愛を乞う人』(1998年)で國村が見せた演技に惹かれて舞台『混じりあうこと、消えること』(2008年)の主演をオファーした、演出家で俳優の白井晃が語る。

「國村さんは技術的なことだけでなく、その存在感が独特です。芝居のアプローチでも、その台詞を言うために自分がどういう風に存在するかということから演技の構築をされていく方だと認識しています。何もない空間でも、國村さんが居れば、そこがレストランにも公園にもなり、情景が浮かんでくるのです」

 白井が演出した舞台『ロンドン版 ショーシャンクの空に』(2014年)にも、國村は出演した。稽古中には、「自分が演じるキャラクターの履歴書をね、自分の中で組み立ててみるんだ」と國村が明かしたことがある。その履歴書を、稽古の中で演出家などの意見もふまえて組み立てていくからこそ、フィクションの中で“本当に存在する”ことができると白井は語る。

「映画でモーガン・フリーマンが演じたレッド役を國村さんに託しましたが、モーガン・フリーマンのような存在感を出せる人はこの国の役者では國村さん以外に思いつかなかった。劇中で印象的だったのが、周囲に囚人たちがいる中で、國村さんは独特の空気を出すために、逆に余計なことをしなかった。飾り立てて目立つやり方もありますが、過剰なものを削ぎ落とすことで人の目を自分に引きつける。そうしたアプローチに、削ぎ落としの美学を感じました」

 居るだけで「空気」を操り、作品に奥行きが出る。そんな國村に、お笑い芸人の板尾創路は初の監督作品となる『板尾創路の脱獄王』(2010年)への出演を依頼した。板尾はその理由をこう答えた。

「ずばり説得力が半端なくあり、國村さんがその世界に居ることで、作品が高級品になるからです。時間も予算も低く、私の監督としての未熟さもすべて國村隼という役者に埋めていただきました。役者として品格があり、声にも高級感があり、耳通りの良い台詞が観ている人を作品の中に引きずり込んでしまうのです」

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン