国際情報

米政府UFO目撃情報調査 トランプ氏公表の理由とバイデン氏の意味深発言

大統領によってUFOの機密情報の扱いは異なった(写真/AFP=時事)

大統領によってUFOの機密情報の扱いは異なった(写真/AFP=時事)

 米政府はすでにUFOと宇宙人の存在を把握しているが、国民の動揺を恐れ、情報を隠し続けている──。1980年代のUFOブーム以降、まことしやかに語り継がれてきた“都市伝説”だが、その真相がいよいよ明らかになるのだろうか。

 米当局は今年6月、2004年以降に米軍などから寄せられた「UFO目撃情報」の調査結果を公表。UFO(未確認飛行物体)をUAP(未確認空中現象)と再定義し、調査対象144件の大半が「説明不能」であることを認めた。

 それらの中には、急激な方向転換や急加速、高高度での静止など不可解な動きをするものが含まれており、「UAPは、国家安全保障上の課題となる可能性がある」と結論付けたのだ。

 報告書は、UAPが鳥やドローンの誤認、自然現象のほか、中国やロシアの「先端兵器」である可能性にも踏み込んだ。だが、地球外知的生命体の関与については否定も肯定もしなかった。作家でオカルト研究家の山口敏太郎氏が語る。

「米国は60年以上前から政府内にUFO・宇宙人関連の調査機関を置き、秘密裏に情報収集や研究を行なってきた歴史がある。一方で、東西冷戦などを背景に、あらゆる情報を隠蔽し続けました。『正体不明の物体が自国上空を自在に飛んでいる』『実は宇宙人が来ています』とは口が裂けても言えなかったのでしょう。今回、米当局がUAPの情報を開示したことは注目に値します」

 米当局の方針転換は、トランプ前大統領の強い意向を受けたものだった。トランプ氏は大統領選敗北を認めざるを得なくなっていた昨年12月、「UFOに関する報告書の開示」を政府機関に求める法案に署名した。

 バイデン大統領にとっては、とんだ“置き土産”となったが、バイデン氏自身も記者会見でUFO問題について問われ「オバマ氏に聞いておくよ」と意味深な回答をしている。

SNSやネットの発達も影響か

 こうした米政府の対応の変化から、どのようなことが読み取れるのか。

「SNSやネットの発達で、もはやUFO・宇宙人の存在を隠し切れなくなっている、というのが実情ではないか。米国は近い将来、宇宙人の存在を公表すると思います。ただ、あまりにインパクトが大きいので、情報は小出しにリークされるでしょう。今後はハリウッド映画などを巧みに利用し、徐々に浸透させていくはずです」(同前)

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン