芸能

紅白不出場表明の五木ひろし 直前の“紅白目指す宣言”から何が

紅白への変わらぬ熱意を明かしていたが…(時事通信フォト)

紅白への変わらぬ熱意を明かしていたが…(時事通信フォト)

 11月が近づくにつれ“恒例行事”になっているのが大物歌手たちによる「紅白不出場」宣言だ。今年、先陣を切ったのは演歌歌手の五木ひろし(73)だった。10月17日、デビュー50周年記念コンサートで、「昨年50回を迎え、大きな区切りをつけました。この喜びを胸に終了したいと思います」と宣言したのだ。

 ところが、この“終了宣言”に首をかしげる音楽関係者やファンがいる。読売新聞の連載企画「時代の証言者」に8月下旬から登場していた五木が、紅白への変わらぬ熱意を明かしていたのだ。

 10月6日付の同記事では、紅白歌合戦で最多出場は五木と北島三郎の50回、連続出場記録は五木が持つとした上で、こう綴られていた。

〈紅白の最多出場を記録することは、最高の歌手として名を刻むことと同義だと思っています。だから記録にもこだわります〉〈よく「出場辞退」「卒業」といった言葉を聞きますが、僕には理解できません。僕が出場に値しないと判断するなら、選から外せばいい〉

 最後は、この一文で締められた。

〈そして、今年も思い出に残るステージを実現したいと思っています〉

 記事を読む限りでは、今年も紅白出場を目指すという宣言に受け取れるが、それからわずか11日後に「理解できません」としていた不出場表明をしたことになる。NHK関係者が語る。

「そもそも昨年末の紅白で、五木さんの歌唱前に、50回連続出場で『私にとっても大きな区切りとして、万感の思いを込めて歌います』というコメントが紹介され、間奏では過去の出演シーンが流れるなどフィナーレを飾るような演出になっていた」

 当時から、紅白サイドと五木とで、出演を巡る攻防があったという。

「昨年末の時点で“勇退”をお願いしていたはずですが、五木さんサイドはかなり抵抗していたようです。単独最多になる51回という記録のためにも、あと1年だけでも出してほしいと粘っていたと聞いています。出場歌手発表前の駆け引きはよくあることなので、(読売の記事は)五木さんなりの最後のアピールだったのでは」(同前)

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン