国内

岸田首相 投開票直後の英国外遊は“早すぎる卒業旅行”になるか

外交手腕に自信のある岸田文雄だが・・・(時事通信フォト)

外交手腕に自信のある岸田文雄だが・・・(時事通信フォト)

 今回の総選挙は、全国各地の選挙区で激戦が繰り広げられていると伝えられ、10月31日の投開票日に向けて、与野党ともに“最後の追い込み”に入っている。同日20時に投票が締め切られて開票が始まるが、どのタイミングで趨勢がはっきりするのか、予断を許さない。そうしたなかで、岸田文雄・首相が組んでいる“日程”に、自民党内部からも疑問の声があがっている。

「この形勢で総理は本当に外遊する気なのか」

 総選挙最終盤の追い込みに入った自民党選対関係者からそんな声があがっている。

 岸田首相が10月31日の投開票日の夜、英国で開催される「気候変動枠組み条約締結国会議」(COP26)に出発すると発表したからだ。総選挙の開票結果がすべて出揃う前に国を留守にするのは前代未聞だ。

 首相は大の外交好き、というより、“外交通”を自任している。安倍内閣で4年半にわたって外相を務めたこと以外、目立つ政治キャリアはほとんどないのだからそう思いたいのは無理もない。

 そのためバイデン米大統領はじめ各国首相が出席するCOP26でなんとしても対面での首脳外交デビューを果たし、できれば“ジョー、フミオ”関係をアピールしたいということだろう。

「当初、総選挙は11月7日で準備されていたが、その日程では首脳会議が選挙期間に重なり、党内から“選挙応援もしないで外遊に出た”と批判を浴びる。投開票を1週間早めて超短期決戦にすることで、COP26に行けるようになった。総理は就任後に出演した民放番組で、対面での初会談の相手としたい海外首脳にバイデン大統領の名前を挙げるなど前のめりで、外務省サイドに『英国では短時間でもいいからバイデン大統領との会談の約束をもらうように』とハッパをかけているという」(官邸スタッフ)

 だが、肝心の選挙情勢は予断を許さない。岸田首相は選挙の勝敗ラインを「与党で過半数」と低い水準に置いているが、実際には、自民党が前回総選挙で獲得した284議席から「40議席減なら政権に黄信号、50議席減になると赤信号が灯る」(自民党閣僚経験者)とみられている。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン