• TOP
  • スポーツ
  • 羽生結弦、ライバル絶不調の裏で新SP完成 ピアノ曲が世界一への序曲に

スポーツ

2021.10.31 07:00  女性セブン

羽生結弦、ライバル絶不調の裏で新SP完成 ピアノ曲が世界一への序曲に

(写真/AFLO)

新SPのピアノ曲をお披露目か(写真/AFLO)

「明らかに今夜はよくなかった」。フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦となるスケート・アメリカが、ネバダ州ラスベガスで10月22日(現地時間)に開幕した。ショートプログラム(SP)4位、フリープログラム(FP)でも2位にとどまり、まさかの最終順位3位に終わったネイサン・チェン選手(22才)は、淡々と反省の弁を述べた。

 このところ負けなしだったチェン選手の敗戦という、衝撃的なスタートとなった今シーズン。気になるのは11月12日からのNHK杯で初戦を迎える、羽生結弦選手(26才)のプログラムだ。

「FPは昨シーズンに引き続いて『天と地と』になることが決まっています。SPについては、まだ明かされていません」(スポーツジャーナリストの折山淑美さん)

 だが、ここにきて新情報がもたらされた。『日刊スポーツ』(10月19日付)が、次のように報じたのだ。

《NHK杯では新SPのピアノ曲もベールを脱ぐ》

 これについて折山さんは「まだ定かではありませんが」と前置きしつつ、こう語る。

「昨シーズンのSPではロックナンバーを選びました。本当はピアノ曲をやりたかったけれど、なかなかいい曲が見つからなかったから。羽生選手はもともとピアノ曲が好きで、インタビューでも“ピアノ曲は自分でいられる心地よい曲”と語っています。ピアノ曲は自分の気持ちをうまく投影できるし、しっかり音を拾いながら滑ることができるからだそうです」

 SPがピアノ曲なら、FPの『天と地と』とのバランスもいい。

「FPで力強さを、SPで繊細さを見せたいというのは、平昌五輪のFPで『SEIMEI』、SPでショパンの『バラード第1番』を使ったときと同じです。それだけでなくSPでは洋、FPでは和の両面を見せたいという意図もある。バランスを考えても、SPにピアノ曲を使うのは納得がいきます」(折山さん)

 また、元アイスダンス選手で現在はKOSE新横浜スケートセンター専属インストラクターの木戸章之さんは、羽生選手がFPを変えなかった理由をこう推測する。

「FPの曲はそのままにして、その分4回転半はじめ、大技に集中したいという気持ちがあるのでしょう。それだけ羽生選手の4回転半に対する思いは強い」

 さらに折山さんは、『天と地と』を継続するのは「まだ未完成だから」だとも語る。

関連記事

トピックス