国際情報

米原潜が南シナ海で衝突事故 放射能漏れ巡り米中当局が応酬

米中当局で様々な主張が

米中当局で様々な主張が

 米海軍のシーウルフ級原子力攻撃型潜水艦「コネチカット」が10月2日、インド太平洋上の公海上を潜航中に未知の海山に衝突した事故で、米軍は11月に入って事故現場付近の海域上空に、放射性物質を探知するWC-135コンスタントフェニックスを含む米軍偵察機5機を飛行させ、調査活動を行っていたことが明らかになった。

 中国側はこの事故の詳細が明らかにされていないことを「無責任」と非難し、「海洋環境を汚染するような核漏れを起こしたのかどうか」を明らかにすべきだと米側を批判している。米軍がWC-135コンスタントフェニックスを飛行させたことで、放射能漏れの可能性も排除できない状況だ。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 コネチカットの事故では、乗船していた少なくとも11人の水兵が負傷し、潜水艦は機首の一部がえぐれて一時、活動不能となるなど、かなり強い衝撃を受けたことが分かっている。

 米側は衝突が起きたのは南シナ海としたが、それ以上の情報は衝突時の潜航深度も含めて明かにしていない。また事故原因についても、当初は「原潜が正体不明の物体に衝突した」との情報以外は発表していない。

 これに対して、中国外務省は「米国の原子力潜水艦が南シナ海で未確認物体に衝突した事件について、中国は繰り返し深刻な懸念を表明し、米国に詳細な説明を求めている」と指摘。そのうえで「米側は『原潜が正体不明の物体に衝突した』という支離滅裂な声明を出すなど、透明性が欠如しており、米政府の無責任さを露呈している」と強く批判していた。

 この事件について、北京に拠点を置く海洋シンクタンク「南海戦略態勢感知計画」(South China Sea Strategic Situation Probing Initiative)はホームページ上で、衛星画像から、「コンスタントフェニックス」を含む米国の偵察機5機が事項海域上空で活動していたことを明らかにした。

 また、北京の軍事専門家の話として「コンスタントフェニックスが南シナ海地域に来るのは珍しい。この地域での最後の活動は、2020年1月にさかのぼる」と指摘。そのうえで、専門家は「コンスタントフェニックスは放射性物質を調べるために南シナ海地域に滞在していた可能性がある」との分析を明らかにして、コネチカットが海中事故で船体にダメージを受けた際、放射能漏れがあった可能性を示唆しているという。

関連記事

トピックス