国内

木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

取材に応じる木下都議 無免許都議、辞職を否定(写真/共同通信社)

取材に応じる木下都議 無免許運転で当て逃げをしたが、辞職は否定(写真/共同通信社)

 今年7月、東京都議選の期間中に無免許運転で当て逃げ事故を起こしながらも公表しないまま再選した木下富美子都議(55)が、11月9日、再選後初めて登庁し、約4か月ぶりに公の場に姿を現した。

 木下都議は、「深く深く反省しております。今後二度とこのようなことを繰り返すことがないよう免許の再取得はせず、車等の運転はいたしません。事故時の車もすでに処分しております」と謝罪し、報道陣に向かって深く頭を下げた。辞職勧告決議を受けたことを「大変重く受け止めている」としつつも、「失われた信頼を回復することは大変厳しい道程であることを覚悟しております。ひとつひとつ、これからの議員活動の中で答えを導き出させていただければ」と議員辞職はしない方針を示した。

「よく寝られない日々が続いたり、食べ物を口に通らない日があったり、イライラや不安に苛まれた」と心身の不調も告白した木下都議。長期欠席中の議員報酬は「受け取るべきでない」と自身の考えを述べた。しかし、報酬の返納は公職選挙法で禁止されているため、NPO法人などの団体に寄付したことを報告した。

木下都議は同日に公式サイトも更新し、〈新たな任期において月々振り込まれている報酬月額約64万円、欠席していた3ヶ月分の約192万円をNPO法人などの団体に寄付させて頂きました。公職選挙法に触れないよう、寄付先の選定には東京都選挙管理委員会にご相談させて頂いております〉とあらためて伝えている。

また、〈政務活動費は現在ひと月あたり50万円が会派に一旦支給される形になっていますが、政務活動にかかった費用として正式に請求しない限り、都に返納することになります。こちらも欠席しておりました3ヶ月間分にあたる、150万円の請求はいたしません〉とも明言した。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト