• TOP
  • 芸能
  • 『あさイチ』鈴木奈穂子アナ 親しみやすさと報道目線で視聴者の共感呼ぶ

芸能

2021.11.13 07:00  週刊ポスト

『あさイチ』鈴木奈穂子アナ 親しみやすさと報道目線で視聴者の共感呼ぶ

今年3月から『あさイチ』キャスターを務める鈴木奈穂子アナ(写真/ロケットパンチ)

今年3月から『あさイチ』キャスターを務める鈴木奈穂子アナ(写真/ロケットパンチ)

 テレビ各局の“朝の顔”と言える朝8時台の情報番組では、新アシスタントや新MCとなった女性アナウンサーたちも奮闘している。『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)と激しい視聴率バトルを繰り広げているのが『あさイチ』(NHK)だ。

 キャスターを務めているお笑いコンビの博多華丸・大吉に加えて、今年3月から新キャスターになったのは、産休から復帰したばかりの鈴木奈穂子アナ(39)だった。鈴木アナの起用には、当初は不安の声が強かったという。

「なにしろ鈴木アナは『NHKニュース7』のキャスターをはじめ、ずっと報道畑を歩いてきた人ですからね。今年3月に退局した前任の近江友里恵アナ(33)からのスイッチでどこまでバラエティに寄れるのか不透明だった」(NHK局員)

 しかし、そんな心配は無用だったようだ。同番組のリポーターでタレントの副島淳氏が語る。

「確かに元々は報道にいた方なので一体どんなカチッとした人なんだろうと身構えていましたが、とても気さくな方です。専門家の方が細かく説明している時に『これは私にはできないな~』とボソッと言ったり(笑)。親しみやすいので、僕は鈴木さんにツッコミを入れることもあります。

 一方で鈴木さんならではの報道目線が光ることも多く、資源ごみをテーマに扱った時は、地域によって分別が違うことをきちんと伝えたほうが良いと注釈を入れる提案をして、スタッフはみんな納得していました。主婦目線と報道目線を大事にしている鈴木さんならではの長所が視聴者の共感を呼んでいるのかなと思います」

※週刊ポスト2021年11月19・26日号

関連記事

トピックス