芸能

『あさイチ』鈴木奈穂子アナ 親しみやすさと報道目線で視聴者の共感呼ぶ

今年3月から『あさイチ』キャスターを務める鈴木奈穂子アナ(写真/ロケットパンチ)

今年3月から『あさイチ』キャスターを務める鈴木奈穂子アナ(写真/ロケットパンチ)

 テレビ各局の“朝の顔”と言える朝8時台の情報番組では、新アシスタントや新MCとなった女性アナウンサーたちも奮闘している。『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)と激しい視聴率バトルを繰り広げているのが『あさイチ』(NHK)だ。

 キャスターを務めているお笑いコンビの博多華丸・大吉に加えて、今年3月から新キャスターになったのは、産休から復帰したばかりの鈴木奈穂子アナ(39)だった。鈴木アナの起用には、当初は不安の声が強かったという。

「なにしろ鈴木アナは『NHKニュース7』のキャスターをはじめ、ずっと報道畑を歩いてきた人ですからね。今年3月に退局した前任の近江友里恵アナ(33)からのスイッチでどこまでバラエティに寄れるのか不透明だった」(NHK局員)

 しかし、そんな心配は無用だったようだ。同番組のリポーターでタレントの副島淳氏が語る。

「確かに元々は報道にいた方なので一体どんなカチッとした人なんだろうと身構えていましたが、とても気さくな方です。専門家の方が細かく説明している時に『これは私にはできないな~』とボソッと言ったり(笑)。親しみやすいので、僕は鈴木さんにツッコミを入れることもあります。

 一方で鈴木さんならではの報道目線が光ることも多く、資源ごみをテーマに扱った時は、地域によって分別が違うことをきちんと伝えたほうが良いと注釈を入れる提案をして、スタッフはみんな納得していました。主婦目線と報道目線を大事にしている鈴木さんならではの長所が視聴者の共感を呼んでいるのかなと思います」

※週刊ポスト2021年11月19・26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン