• TOP
  • ライフ
  • ED治療薬のジェネリックが続々登場 安いだけでなく「飲み方」も進化

ライフ

2021.11.15 16:00  週刊ポスト

ED治療薬のジェネリックが続々登場 安いだけでなく「飲み方」も進化

ジェネリックのED治療薬は何が違う?(イメージ)

ジェネリックのED治療薬は何が違う?(イメージ)

 力強く起こり立ちたい──そう願う男性の多くが最初に頼ることになるのが、「薬」だ。国内に流通するED治療薬は大きく分けて3種類。「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」である。それぞれ効果に特徴があり、自分に適した薬を選ぶことが求められる。最も長く使用され、ED治療薬の代名詞と言えるのがバイアグラだ。ED治療薬の処方を行なう新宿ウエストクリニックの室田英明院長が解説する。

「1999年3月の国内発売以来、ED薬の『定番』として国内ナンバーワンのシェアを誇る。ただし服用から効き始めるまで60分ほどかかり、食事の影響も受けやすい。食後に服用する場合、食べ終わってから1時間は間を空ける必要があります」

 対して、即効性に優れているのがレビトラだ。くぼたクリニック松戸五香の窪田徹矢院長が語る。

「服用から30分ほどで効果が出る。服用量も少なく、レビトラは10mgでバイアグラ50mgとほぼ同じ効果が得られるとされます。食事の影響を多少受けるので、食後30分以降の服用が求められる」

 即効性は高くないものの、最も長く効果が続くのが最後発のシアリス。薬の作用時間はバイアグラ、レビトラが4時間程度だが、シアリスは36時間も効果が持続する。室田医師が語る。

「シアリスは食事の影響を受けにくく、服用後に食事を楽しむことができます。一度飲めば持続時間を気にする必要がなく、使い勝手がいい」

 金曜日の夜に服用すれば、効果が日曜の昼間まで続くことから「ウィークエンド・ピル」と称されるシアリスは、世界1位のシェアを誇る。利用しやすいシチュエーションは3薬3様だ。

 レビトラをめぐっては、今年10月に発売元の製薬会社・バイエルが「生産の目途が立たず、今後も安定した供給が困難である」との理由で販売を中止しているが、常用している人も心配はいらない。ED治療薬の「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」が世界中で続々登場しているからだ。

「バイアグラ、シアリスに続き、昨年7月にレビトラのジェネリックが国内で解禁されて、沢井製薬の『サワイ』と東和薬品の『トーワ』が販売されています。先発品の効果と違いはなく、医療現場での移行もスムーズに行なわれています」

 そう語る窪田医師は、新登場のジェネリックに期待を込める。

「バイアグラの先発薬は50mgあたり1800円ほどですが、ジェネリックなら900~1200円程度で購入できます。レビトラ、シアリスのジェネリックも先発薬より100~300円ほど安い」

関連記事

トピックス