• TOP
  • 芸能
  • ニコール・キッドマンが熱演する「共産党員疑惑のルーシー」

芸能

2021.11.15 07:00  NEWSポストセブン

ニコール・キッドマンが熱演する「共産党員疑惑のルーシー」

「美人すぎる」と批判されてしまったニコール・キッドマン(EPA=時事)

「美人すぎる」と批判されてしまったニコール・キッドマン(EPA=時事)

「世界で最も出演料の高い女優」ニコール・キッドマン(54)が米テレビ史上最高の視聴率を打ち立てたコメディドラマ「アイ・ラブ・ルーシー」の主演女優ルシル・ボールの私生活を題材にした伝記映画「Being the Ricardos」に主演した。12月10日に全米各地で封切られ、21日からはアマゾン・プライム・ビデオで配信される。

「アイ・ラブ・ルーシー」は、1950年代のニューヨークに住む、おっちょこちょいでハリウッド・スターを夢見る主婦ルーシー・リカードと、バンドリーダーでキューバ出身の夫リッキーが繰り広げるドタバタ喜劇だ。1951年の放送開始直後から大ブームとなり、6つのシリーズとその後の派生シリーズは、ほぼ休みなく1970年代まで作られ続けた。当時、日本でもNHKとフジテレビが放映して人気を博し、21世紀に入った今も、アメリカはもちろん日本でも再放送され続けている。

ルシルとデジは私生活でも夫婦だった(GRANGER/時事通信フォト)

ルシルとデジは私生活でも夫婦だった(GRANGER/時事通信フォト)

主演のルシル・ボールと夫リッキーを演じたデジ・アーナズは私生活でも夫婦で、ルシルは実際に妊娠した時もそのまま劇中でルーシーを演じ、第一子を出産するエピソードは視聴者4400万人という記録的なヒットを収めた。その年のアイゼンハワー大統領就任式の視聴者の2倍だったことは語り草だ。

新作映画の監督は「シカゴ7裁判」「ア・フュー・グッドメン」を手掛けたアーロン・ソーキン。夫デジ役はスペイン映画界のスーパースター、ハビエル・バルデム。そして、ルシル役にニコール・キッドマン。監督、主演男優、主演女優が全員アカデミー受賞者という豪華な布陣だけに、すでにアメリカでは公開を待つファンの期待が最高潮だ。

キッドマンはインタビューでこう述べている。

「ルシル・ボールはあれほど一世を風靡した女優なのに、私自身、彼女の実像について全くわからなかった。6週間、ビデオを観たり彼女に関する記事や本を手当たり次第に読んだりしたけど、わからない。私はボールにはなれない。でもこの作品はアイ・ラブ・ルーシーのカーボンコピーでも焼き直しでもない。稀有なコメディ女優ルシル・ボールがどんな人生を送ったか、それを伝えることに徹しました」

ところが、注目度が高いことの代償と言うべきか、ハリウッドを牛耳る評論家はじめ一部のファンからは、今回のキャスティングにイチャモンがついている。まずキッドマンは正統派美人でルシル役には向いていないし、デジ(役柄のリッキーも)はキューバ系移民なのに、なぜスペイン人を起用したのかというわけだ。とくに後者の理由は、人種問題やマイノリティ差別にとりわけ厳しいハリウッドだけに、キューバ人の役に欧州の白人を使うことへの反発は大きかったのである。

ソーキン監督はこう反論している。

ソーキン監督(中央)とキッドマン(AFP=時事)

ソーキン監督(中央)とキッドマン(AFP=時事)

関連記事

トピックス