ライフ

【書評】百周年を迎えた中国共産党を見きわめるための1冊

『中国共産党、その百年』著・石川禎浩

『中国共産党、その百年』著・石川禎浩

【書評】『中国共産党、その百年』/石川禎浩・著/筑摩選書/1980円
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター所長)

 いわゆる文化大革命で、中国はたいへんな混乱におちいった。経済的にも、大きなダメージをこうむっている。それをたてなおしたのはトウ小平である。改革開放とよばれる政策で、中国経済をいっきに好転させている。

 以上のような歴史像を、私はこれまで中国の現代史に、想いえがいてきた。似たような見取図をおもちの方も、少なくないだろう。だが、じっさいにはそうでもないという。

 著者によれば、文革十年のあいだ、中国経済は好況を堅持した。GDPは、年平均で四パーセント近い上昇という数字を、はじきだしている。共産党の指導がみのったからではない。一九七〇年代の農村部では、党の紀律がゆるみだしていた。計画経済とはべつの闇市場もできている。そのアンダーグラウンドな部分が、文革期の経済をささえたのだという。

 そもそも、中国はソビエト連邦ほどの統制力をもちあわせていない。中国共産党の計画にも、ずさんなところがあった。だからこそ、改革開放の時期に市場経済がうまく導入できたのだという見方も、あるらしい。

 共産党の創立記念日は、毛沢東のあやふやな記憶できめられている。『毛沢東選集』は、法典がわりにもちいられた。そのため、くりかえし書きあらためられている。共産党員の学歴、教養水準は百年のあいだにこう推移した。党員どうしの恋愛、結婚にはこんな問題がひそんでいる。はやり唄の背後にも、党の影が……。

 とにかく、おもしろい話がたくさんある。これは、中国共産党百年の歴史をたどった本である。今の共産党は、上海で産声をあげたころから、すっかり変貌をとげた。もう、似ても似つかぬ組織になったと、多くの人は思われよう。それでも、今日なお、いたるところに草創期の型は生きている。著者の言葉をかりれば、文化的なDNAがくみこまれている。この党を見きわめるためには、歴史への展望がかかせないと、あらためて痛感した。

※週刊ポスト2021年11月19・26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン