• TOP
  • 芸能
  • 永野芽郁、素人は真似できない「薄いデニム」の穿きこなし

芸能

2021.11.20 16:00  NEWSポストセブン

永野芽郁、素人は真似できない「薄いデニム」の穿きこなし

永野芽郁のデニム姿をキャッチ

永野芽郁のデニム姿をキャッチ

 10月下旬、都内の人気アパレル店から出てきたのは、ライトイエローのブラウスと薄いブルージーンズとスニーカー、プラダのバッグの組み合わせがバッチリの女優・永野芽郁(22)。秋が深まりつつあっても、まだ肌寒さはなくコートを羽織る必要はない。黒縁メガネとマスクで顔を隠していても、細身のスタイルは、店内でも街中でもひと際目立っていた。

 あるテレビドラマ制作関係者は「約400万人のフォロワーがいるInstagramでも、いつも笑顔とおしゃれな服装を公開しています。私服ではパンツ姿が多いですね」と話す。

 11才のころに小学生向けファッション誌『ニコ☆プチ』でモデルデビュー。若手女優の登竜門的な中学生向けファッション誌『ニコラ』でも活躍してきた。ベテランスタイリストが語る。

「ファッションのセンスは小さい頃から鍛えられているんでしょうね。薄いブルーのデニムは野暮ったく見えることもあり、穿きこなすのが難しいアイテムなんですが、トータルで洗練された着こなしです。身長は163センチとそれほど大きくはありませんが、小顔で手足も細いから、スタイルが映えて、服もピタリと決まるんです」

 仕事は順調そのものだ。9月まで放送されていた戸田恵梨香とのダブル主演連続ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)が終了。時を置かずして、10月29日からは主演映画『そして、バトンは渡された』が公開された。CMもコーセー『雪肌精』や花王『フレアフレグランス』など大手企業9社と契約中と、まさに引っ張りだこである。

「20代前半女優では、今や広瀬すずさん(23才)と人気を二分する存在だと言えるでしょう。永野さんの強みは、同じ女性からの支持が高いところと、清楚でパブリックイメージが抜群なところです」(前出・ドラマ制作関係者)

 趣味は音楽。中学2年からエレキギターを始めて、ドラムも叩ける永野。コロナで自粛が続いた期間には、アコースティックギターを猛練習していたという。

 12月24日には、季刊のフォトブック「team mate vol.2」と来年のカレンダーの発売も決定した。来年以降のドラマや映画の出演オファーも山ほど届いていると言われている。当面は芸能界のメインストリームを走り続けることになりそうだ。

関連記事

トピックス