国際情報

中国で葬儀社従業員が女性の遺骨窃盗し逮捕 なくならぬ「冥婚」とは

中国に古くから伝わる迷信「冥婚」とは?

中国に古くから伝わる迷信「冥婚」とは?

 中国東北部の山東省文祥県で、葬儀社の従業員が若い女性の遺体を火葬した後に遺灰をすり替え、息子の結婚相手を探していた女性に売ろうとしたとして、地元警察は11月上旬、窃盗などの容疑で3人を逮捕した。これは、中国に古くから伝わる迷信「冥婚」あるいは「鬼婚」といわれる儀式用のもので、未婚で死んだ人が死後の世界で寂しくないように、「伴侶」を与えるために行われている。中国ではいまだに各地で、このような儀式が行われて、まれに悲惨な犯罪事件が発生することもある。

 中国紙「北京新聞」によると、死亡した女性は20代のライブストリーマーで、数カ月前から精神的な病を患っており、今年10月、視聴者の前で殺虫剤を飲んで自殺したという。

 これに目を付けたのが葬儀社の従業員で、以前から未婚の息子のために嫁を探している女性から「『冥婚』で結婚する女性の遺骨を探してほしい」との依頼を受けていた。その報酬として、最大で7万元(約126万円)を約束していたというが、その女性は「相手の女性が自殺ではだめだ」と言って、受け取りを拒否したうえで、警察に通報したという。

 死亡した女性の遺灰は回収され、中国中部の湖南省に住む女性の親元に戻された。

 この事件を受けて、山東省政府民政局は「冥婚」の取り締まりを強化し省内の葬儀施設に対する検査を開始した。

 冥婚がからむ犯罪が明らかになるのはこれが初めてではない。中国・陝西省の警察はこのほど、知的障害のある女性2人を殺害したとして男3人が逮捕している。いわゆる「冥婚」用に遺体を売るのが目的だったという。

 また、冥婚の花嫁にするため女性の遺骨が墓から盗まれたという報告は近年も相次いでいる。2015年には山西省の村で女性14人の遺骨が盗まれており、当時の値段で1人につき3万~5万元(約48万~90万円)だったが、現在ではその値段が急騰しており、1人10万元(約180万円)になっているといわれている。

 冥婚による遺骨や遺体が盗まれる事件が絶えないのは、中国に一人っ子政策の影響で、結婚適齢期の男性人口に比べて女性人口が少ないためだ。中国政府は今年、一人っ子政策を正式に廃止したが、男女のいびつな人口比率は当分、変わらないことから、「冥婚」がなくなることは難しそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン