芸能

朝ドラ初出演のSixTONES松村北斗「もっと成長して、また帰ってきたい」

SixTONES・京本大我の一問一答を公開!

SixTONES・松村北斗が朝ドラでヒロインの相手役を好演

 SixTONESの松村北斗が、初めて挑んだ“朝ドラ”『カムカムエヴリバディ』(NHK総合ほか、毎週月〜土、8時〜ほか。※土は振り返り放送)。三世代にわたる100年間の物語を描くという“朝ドラ”史上初の作品で、そのトップバッターの一員を担ってきた。戦争という悲しい時代の波に翻弄されていく中で、ヒロイン安子(上白石萌音)の運命の相手となる雉真稔を、その確かな演技力で魅力的に演じてきた松村。「“朝ドラ”に挑めたことは、この先の自分にとっても大きな意味を持つ」と言うように、役者としての確かな成長を遂げたいまの思いとは。松村に話を聞いた。

 * * *
“朝ドラ”という歴史のある番組に挑めたことは、この先の自分にとっても大きな意味を持つと感じています。芸能のお仕事をやっていく上で、この作品で培ったモノは役者としてはもちろん、お芝居以外の仕事に対しても大きなパワーとなる。自分自身の“成長の芽”を伸ばしていく糧になったと思っています。

“朝ドラ”の作品って、温かくてほのぼのしたイメージがあったんですけど、実際に出演してみると、台本を書かれるかたも演じる役者さんたちも“怪物だな”と(笑い)。1話15分の物語の中にメッセージがこもっていて、台本が濃密なんです。それを表現するのはこんなに難しいことなのか……と痛感しながら演じていました。

 いま振り返って印象的なシーンといえば、父親と腹を割って話すシーンがすごく好きでしたね! セリフの掛け合いが多くて、台本をめくってもめくっても同じシーンという状態だったんですけど。物語を進める上でも、視聴者のかたに伝えるメッセージとしても、大切な言葉がたくさん並んでいたと思います。やはり父と子の関係性というのが、いまの時代と全く違うんですよね。父親に対して自分の意見や考えを言うことは、ものすごく覚悟がいった時代だと思うので、稔を演じる上では、いつも父が正解だ……という姿勢でいました。

“朝ドラ”を通して、初めてぼくのことを見てくださるかたもたくさんいたと思います。まだまだ未熟だったと思うけど、少しでも稔を通して作品に興味を持ってもらえたなら“朝ドラ”に対して恩返しができたのかな……と。もっと成長して、いつかまた帰ってきたい。“朝ドラ”は、ぼくにとってそう思える大切な場所になりました。

※女性セブン2021年12月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
里崎智也氏が「みられるための戦略」を語り尽くす(撮影/田中智久)
【野球YouTube動画総再生回数No.1】里崎智也が明かす“みられるための戦略”「テレビで言えないけど、話したいことが山のようにあった」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン