ライフ

俳優・升毅が伝授!チーズとナポリタン味の「ポテトピザ風」レシピ

とろ~りチーズとナポリタン味がたまらない「ポテトピザ風」

とろ~りチーズとナポリタン味がたまらない「ポテトピザ風」

『週刊ポスト』の連載「居酒屋ますや」で、大将をつとめる俳優・升毅。実は自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2ほどで開催する料理好きだ。そんな升が、『ポテトピザ風』のレシピを紹介する。

「ピザの生地をじゃがいもに置き替えたメニューです。友人にふるまったところ、『また食べたい、また食べたい』と大好評で、『居酒屋ますや』の定番メニューになりました。

 地元の仲間が集まる飲食店で、みんなで持ち寄りパーティーをした時に、焼きたてをフライパンごと持っていったことも(笑)。まわりのチーズのカリッと焦げたところが美味しいんだよね」

『とろ~りチーズとナポリタン味がたまらないポテトピザ風』

■材料(2人分)
じゃがいも…大1/2コ、たまねぎ…1/2コ、ピーマン…1コ、
ブラウンマッシュルーム…2コ、ベーコン…2枚、バター…8g、
塩…2つまみ、こしょう…少々、
ケチャップ…大さじ2、とろけるチーズ…適量、タバスコ…適宜

■作り方

【1】じゃがいもは皮ごとスライサーで薄切りにし、水にさらした後、水気をとる。
【2】 【1】をフライパンに敷き詰め弱火にかける。鍋肌からバターを入れ溶かす。
【3】たまねぎは繊維に沿って薄切り、ピーマンは細切り、ブラウンマッシュルームは薄切り、ベーコンは2センチ幅に切る。
【4】 【2】とは別のフライパンでベーコンを炒め、その脂で【3】の残りを炒める。塩、こしょう、ケチャップを加えてしんなりするまで炒める。
【5】 【2】に少し焼き目がついたらフライ返しでひっくり返す。

少し焼き目がついたらフライ返しでひっくり返す

少し焼き目がついたらフライ返しでひっくり返す

【6】 【5】に【4】をのせ、とろけるチーズをのせてふたをする。チーズが溶けたら完成。タバスコをふって食べるのがオススメ。

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991~2002年は劇団「MOTHER」を主宰した。1995年に上京し、映画『八重子のハミング』(2017年)など出演作多数。

YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/阿部吉泰

※週刊ポスト2021年12月10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン