芸能

ネット沸騰の長編ミステリー『最愛』『真犯人フラグ』 意外な支持層の違い

吉高由里子

『最愛』に主演する吉高由里子

 今期のドラマで話題を呼んでいるのが『最愛』(TBS系)と『真犯人フラグ』(日本テレビ系)だ。いずれも長編ミステリーという共通を持つが、それぞれのドラマを支持する人たちの傾向は少し違うようだ。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 12月に入って秋ドラマが終盤戦に入り、クライマックスに向けて物語が動く中でも、ネット上で特に盛り上がっているのが、『最愛』と『真犯人フラグ』の2作。

どちらも長編ミステリーであり、『最愛』は見逃し配信で今秋トップどころかTBSドラマ最高の数値を叩き出し、『真犯人フラグ』は放送前後を中心に活発な書き込みが見られます。

『最愛』は『夜行観覧車』『Nのために』『リバース』(TBS系)、『真犯人フラグ』は『あなたの番です』(日本テレビ系)と、「どちらも長編ミステリーの制作に長けたスタッフが手がけている」という共通点があるにもかかわらず、なぜ異なる形で盛り上がっているのでしょうか。

考察の『真犯人』、ストーリーの『最愛』

 まず『真犯人フラグ』は、各話の終盤で『あなたの番です』を思い出させるようなショッキングなシーンを連発。

 主人公・相良凌介(西島秀俊)の勤務先に子どもの冷凍死体が送られてきたり、建設している新居の基礎コンクリートに娘の靴が埋められていたり、自宅の窓ガラスを突き破ってサッカーボールが蹴り込まれたり、監禁された娘・光莉(原菜乃華)の動画が送られてきたり、住宅メーカーの営業マン・林洋一(深水元基)と妻・真帆(宮沢りえ)の密会写真が送られてきたり……そのたびにネット上は考察を楽しむ人々のコメントが飛び交っています。

 さらに情報番組の『スッキリ』(日本テレビ系)で毎週金曜日に元テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行さんを招いて、“生考察コーナー”を放送。このほかにも、犯人を予想するアンケートランキング「一番怪しいのは誰!? みんなの真犯人フラグ」、気になるシーンの本編切り出し動画や「あなたが真犯人?バカなフリして聞いてみた」というキャストインタビュー動画などもあり、ネット上の考察をさらに加速させるような工夫が見られます。

 また、前回放送では『あなたの番です』のキャラクターである医師・藤井淳史(片桐仁)と看護師・桜木るり(筧美和子)が劇中に登場。今後もさらなるキャラクターの出演が見込まれるなど、思わずネット上に書き込みたくなる仕掛けが用意されています。

 一方、『最愛』にはショッキングなシーンや書き込みを加速するような仕掛けは少なく、あくまでストーリー重視。15年前の渡辺康介(朝井大智)失踪事件と、起きたばかりの父・渡辺昭(酒向芳)殺人事件をめぐるミステリーと、真田梨央(吉高由里子)、宮崎大輝(松下洸平)、加瀬賢一郞(井浦新)、朝宮優(高橋文哉)を中心にした最愛の人をめぐるせつない物語で、視聴者の関心を引きつけています。

 ネット上にはミステリーの考察も書きこまれていますが、圧倒的に多いのは作品全体を称える声。「今期イチ」「ストーリーも映像も凄い」「一人ひとりの演技に圧倒される」「一週間が待ち遠しい」などと、さまざまな角度から称賛され、考察が前に出ることはそれほどありません。

『真犯人フラグ』の視聴者には「少しでも早く犯人を当てたい」という人が多く、ブームが続いている謎解きクイズやイベントなどと同じような楽しみ方をしているようです。一方、『最愛』の視聴者にはこれといった属性は感じられません。長編ミステリーの犯人捜しを楽しむようなコアなドラマファンだけでなく、むしろそれほどドラマを見ない人が「一度見たら引きつけられて次が気になっている」という状態が散見されます。

関連キーワード

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン