芸能

おぼん・こぼん『お笑いスタ誕』の思い出「賞金なくて夢から覚めた」

『お笑いスター誕生!!』でブレイクのきっかけを掴んだおぼん・こぼん

『お笑いスター誕生!!』でブレイクのきっかけを掴んだおぼん・こぼん

『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の仲直りプロジェクトで、約10年に及ぶ確執に終止符を打ったおぼん・こぼん。高校2年でコンビを組み、31歳の時に『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系、1980~1986年)でグランプリを獲得。ブレイクのきっかけを掴んだ。おぼん・こぼんに、お笑いスタ誕の思い出を聞いた。

おぼん:最初断わったんですよ。結成15年で素人と一緒に審査される。さすがに嫌だなと。でも、10週勝ち抜いたら賞金100万円、海外旅行にも行けるという噂を聞いて出場しました。

こぼん:10年間、赤坂の高級レストランシアター「コルドンブルー」で新ネタを毎月4本おろしていたから、不安はなかったですね。演出の赤尾(健一)さんはネタを褒めてくれ、「縦じゃなくて横に動いたほうがいい」とかテレビ的な見せ方を教えてくれました。

〈公開収録の主な観客は女子高生、女子大生だった。ショーで大人の客に相対していた31歳のコンビに戸惑いはなかったか〉

おぼん:いやいや、楽でしたよ。3週目には人となりを把握してくれて、田中角栄のモノマネで『まあその~』と言ったら、『まあ』の段階でドカーンとなる。気持ちよかったですね。

こぼん:その掴みを最終週まで使えた。お客さんも「また言いやがった」みたいな感じで笑ってくれましたね。

おぼん:「コルドンブルー」は1日3公演で午後8時半、10時半、12時半。時間帯によって客層が全然違うから、鍛えられたのかもしれない。

〈2人は番組の空気を掴み、観客を身内のように変えていった。1週目のコント「ワイドショー 蒸発した夫を探して」から始まり、6週目にはタップダンスも披露。幅広い芸を見せ、2代目グランプリに。トロフィーを渡されると、おぼんは人目を憚らず涙を流した〉

こぼん:(俯く写真を見て)泣いたんじゃなく、寝てたんじゃないの?

おぼん:「コルドンブルー」のスタッフや仲間も会場に来てくれて、ジーンとして泣いちゃいました。でも、楽屋に戻って、実際には賞金や海外旅行が出ないと知った。夢から覚めましたよ(笑)。

関連記事

トピックス