国内

「週刊ポスト」本日発売! 動画も音源も付く新年合併特大号

 12月20日発売の「週刊ポスト」は年末年始プレミアム合併特大号。3つの袋とじ企画を含む5大付録がついてくる必見の一冊です。カラーグラビアでは、今回も注目の箱根駅伝や話題の「視力が上がるトレーニング」、もちろんセクシー企画も満載。さらに、1等7億円が当たる年末ジャンボを2022名様にプレゼントしちゃいます。今年も1年ありがとうございました。来年もご愛読よろしくお願いします。

今週の見どころ読みどころ

◆日本の新・長者番付「上位100人」はこんな人たちだった
高額納税者を公表する長者番付がなくなって17年。日本の「お金持ち」はどんな人たちか一般的にはわかりにくくなっている。世界の例にならい、本誌は上場株式の保有額で個人資産を推計した。予想通り、ワン・ツーを飾ったのは孫正義氏と柳井正氏で「兆超え」。しかし、それ以外のランキングには意外な人物も並んだ。かつて「長者」として公表されたことのあるセレブの告白も掲載し、「現代のお金持ち事情」を探る。

◆ビートたけし 恒例の「2021ヒンシュク大賞」発表!
年末恒例のビートたけしによる「ヒンシュク大賞」が決定した。ノミネートされたのは、無免許運転で辞職した木下富美子・元都議や金メダルかじりの河村たかし・名古屋市長、「ぼったくり男爵」のバッハIOC会長ら。たけし審査委員長が「今年はいずれ劣らぬ候補者たち」と頭を悩ませた末に選んだ受賞者とは?

◆<ワイド特集>2021年「大炎上スキャンダル」の主役たちは今
今年も多くのスキャンダルが世間を騒がせ、当事者たちは謝罪や反論に追われた。その主役たちが今どうしているか直撃した。小川彩佳アナの浮気夫、「いじめ自慢」で五輪の舞台から去った小山田圭吾、失踪事件の元中日コーチ・門倉健、「オリンPIG」企画でやはり五輪を去った佐々木宏、「ワクチン4回打った」おじさんなど多彩な「話題の人」が、まさかの復活や転身を遂げていた。

◆横綱・照ノ富士が語り尽くした「綱の品格」「日本への帰化」
一人横綱として土俵を支える照ノ富士が初めて明かす本音。度重なるケガと病気で大関経験者として初めて序二段まで陥落してから復活し、角界の頂点に上り詰めるまでの苦悩と猛稽古はもちろん、祖国への思いで葛藤した帰化問題、さらに「横綱の品格」にいたるまで、秘めていた思いを語った。

◆立川志らく「今も師匠・談志に叱られている」
破天荒な名人だった立川談志が鬼籍に入って早や10年が経つ。一番かわいがったと言われる弟子の志らくは、いまやテレビに高座に引っ張りだこで、師匠を彷彿とさせる「炎上王」にも育っている(笑)。志らくは今も、毎日のように談志と「話している」という。そうすることが芸事の伝承だと信じるからだ。とかく発言が物議をかもすことも、「私はまともなことを言って炎上してるんだから、でたらめ言って炎上していた師匠よりずっとマシ」と笑い飛ばした。

◆専門家11人が選んだ「ポスト岸田」に推せる政治家、推せない政治家
実務家タイプで安定感があると言われていた岸田文雄・首相だが、コロナの水際対策でも10万円給付でも、批判があるとすぐに前言撤回する風見鶏ぶりを見せて評価を落としている。では、今の政界に「次」を担える人材はいるのか。政治評論家やジャーナリスト、永田町の現場に立ってきた専門家11人が10人の候補を査定した。岸田氏と争った総裁選組は意外にも低評価が並び、1~3位は別の人物の名が挙がった。国民人気の高い小泉進次郎、吉村洋文へのジャッジは?

◆<怒りのスクープ撮>千葉県議・副知事が「大忘年会&ノーマスクでカラオケ」
12月某日、本誌「張り込み班」は千葉の某所にいた。自民党、立憲民主党、公明党など“超党派”の県議や元県議が集まり、大忘年会が開催されていた。あろうことか、副知事まで参加した4時間もの大騒ぎが終わると、今度はカラオケバーに移動してノーマスクで熱唱。一部始終を本誌のカメラは捉えていた。

◆美川憲一らが告白「私にとって『紅白落選』とは」
紅白歌合戦には当選、落選の悲喜が伴う。連続出場を続けた大御所ならなおさらだ。今回は五木ひろしが夢舞台から去ったことが話題だが、そのとき、大物歌手たちは何を思うのか。“落選の先輩”である美川憲一、山本譲二、鳥羽一郎、仁支川峰子の4人が自身の経験を赤裸々に語った。「衣装も捨てた」と明かした人、「もう一度出たい」と正直に語る人――。

◆紀州のドンファン「逮捕された妻」の出演AVが飛ぶように売れていた!
「紀州のドンファン」と称された資産家の変死事件は、別れ話を切り出されていた妻が容疑者として逮捕されたが、そこから膠着状態が続いている。そんななか、その妻がかつて出演していたAVが大量に売られて人気を博していた。

◆プライベートな性生活をネット公開して荒稼ぎする「ポルノハバー」の生態
YouTubeなどでセクシー動画を公開する一般ユーザーが増えているが、その究極形態と言われるのが「ポルノハバー」だ。自分の性生活を撮影してカナダに拠点のあるポルノサイトで公開し、広告やファンサイトで荒稼ぎするのだという。本誌取材に応じた3組のカップルは、悪びれることもなくその「仕事」を淡々と語った。なかには1か月で2500万円も稼ぐ例があり、新規参入も増え続けているのだとか。

◆<これで実践>見るだけで目が良くなる「ガボールパッチ」トレーニング
写真に隠された縞模様をじっと見つめるだけで視力回復が期待できるという「ガボールパッチ」をグラビアに。来年の干支である虎やおせち料理、ダルマといった縁起物、あるいは美しい自然の姿など、見るだけでも楽しめるカラーグラビアに、目が良くなる仕掛けを仕込みました。一日10分、年末年始に試していただければ、来年の視界は明るい!?

◆<健診の嘘>血圧は「年齢+90」が健康値だった
コロナで控えていた健康診断を再開する人が増えているが、結果に示される「数値」ばかりにとらわれていると、正しい自分の状態を知れないばかりか、間違った治療や手術につながる悲劇も起きる。専門医を取材すると、「常識のウソ」が出るわ出るわ。血圧は年齢とともに上がるのが正常で、一律に「最高が140を超えたら病気」という基準は誤解の元だ。その他、コレステロール、γ-GTP、中性脂肪などの「正常」とは何か、徹底取材した。

◆<カラーグラビア>あの有名人たちの年賀状
年賀状をやり取りする風習は少しずつ失われているが、かつては多くの著名人が趣向を凝らした年賀状で知己を楽しませていた。そうした「超有名人が出した年賀状」をカラーで紹介する。美空ひばり、森繁久彌、坂本九、赤塚不二夫、黒澤明、岡本太郎、手塚治虫、松本清張ら27人の渾身の一枚が一堂に会した。

◆<聴く雑誌>黄金時代の深夜ラジオが今夜復活!
深夜ラジオ全盛期だった1970年代の人気番組が復活する。本誌に付いたQRコードから、「野沢那智&白石冬美『ナッチャコパック』」の最終回、「林美雄『パックインミュージック』」の最終回、「桝井論平『桝井論平30歳になる』」(1969年11月16日放送)の音源が聴ける特別企画。

※全国の書店、コンビニで絶賛発売中!

関連記事

トピックス