ライフ

角野栄子、唯川恵、桜木紫乃、綿矢りさ、原田ひ香が選ぶ「2021年の3冊」

 ステイホームの時間が長かった2021年、読書に時間を費やした人も多いことでしょう。しかし、面白い本に出会うのはなかなか難しいものです。文章を書くことを生業とするかたがたは、どんな本をおすすめするのでしょうか。5人のかたに、2021年の「私が選ぶ3冊」を聞きました。

『人間の絆』

角野栄子さんが選んだ『人間の絆』

●角野栄子さん(作家)/角野栄子児童文学館が2023年、江戸川区に開館予定

『人間の絆』(上・下巻)/サマセット・モーム/訳・金原瑞人/新潮文庫
 モームの人物造形のすごさにはいつも圧倒される。人を見つめる目の底の底にどうしようもない冷たさを感じる。それ故に物語に起伏が生まれて、読む者の心に強く迫ってくる。読後の感動は深い。新訳はリズムある言葉で、物語の面白さを一層くっきりとさせている。

『海のアトリエ』/堀川理万子/偕成社
『わたしは夢を見つづける』/ジャクリーン・ウッドソン 訳・さくまゆみこ/小学館

『哄う北斎』

唯川恵さんが選んだ『哄う北斎』

●唯川恵さん(小説家)/出身地・金沢を舞台にした芸妓たちの物語を連載中

『哄う北斎』/望月諒子/光文社
 タイトルの印象とは違う現代絵画ミステリー。画商にキュレーター、美術愛好家、美術評論家、投資目的の金満家、そこに美術品泥棒が加わるコンゲーム。なかなかにハードルは高いが、深い造詣をお持ちの方ならたっぷり堪能できる作品である。

『匣の人』/松嶋智左/光文社
『翼の翼』/朝比奈あすか/光文社

『限界風俗嬢』

桜木紫乃さんが選んだ『限界風俗嬢』

●桜木紫乃さん(小説家)/11月に2冊目の絵本『サチコさんのドレス』を上梓

『限界風俗嬢』/小野一光/集英社
 心と体の「限界」とはどこか。体を売りながら、その行為の意味と理由を極限まで語り尽くす女たちが、現代社会をあぶり出す。買う人間がいるから売るのか、それとも逆か。理解無用のつよさが見える。読む側の立ち位置が透けるような一冊。

『月夜の森の梟』/小池真理子/朝日新聞出版
『江口寿史の正直日記』/江口寿史/河出文庫

『私に似ていない彼女』

綿矢りささんが選んだ『私に似ていない彼女』

●綿矢りささん(小説家)/2021年にデビュー20周年の渾身作『オーラの発表会』を発表

『私に似ていない彼女』/加藤千恵/ポプラ社
 真にサイコパスな人って多分少ない。本書に出てくる、優しい性格ではあるけれど、綺麗事だけではどうしようもなくなり日常から逃亡する人たちの方がリアル。たとえ底までは分かり合えなくても、どこか心が共鳴し合う女性同士の関係を描いた短編集。

『1964年の東京オリンピック 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか』/石井正己・編/河出書房新社
『鮨』(短編集『老妓抄』より)/岡本かの子/新潮文庫

『33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由』

原田ひ香さんが選んだ『33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由』

●原田ひ香さん(小説家)/『三千円の使いかた』がベストセラーに

『33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由』/井上はじめ/新潮社
 投資の本で1億という数字を出してるものは数あれど、ここまで地道で再現性のある投資本はなかなかありません。投資信託だけでなく、不動産投資に触れているのも画期的。お金について勉強したい方、この本から始めることをお勧めします。

『ガラスの海を渡る舟』/寺地はるな/PHP研究所
『北北西に曇と往け』/入江亜季/ハルタコミックス

※女性セブン2022年1月6・13日号

関連記事

トピックス