芸能

前山剛久、神田沙也加さんを追悼 過去に語っていた「理想のタイプ」

更新は15日が最後となっている(前山剛久の公式インスタグラムより)

更新は15日が最後となっている(前山剛久の公式インスタグラムより)

 歌手で女優の神田沙也加さん(享年35)が12月18日に急逝し、俳優の前山剛久(30)が所属事務所を通じて追悼コメントを発表した。ふたりは8月に上演されたミュージカル『王家の紋章』で初共演し、沙也加さんが亡くなる直前まで出演していたミュージカル『マイ・フェア・レディ』でも共演していた。

 前山は「この度、神田沙也加さんのご訃報に接し、心から哀悼の意を表します」とコメント。「私、前山剛久は神田沙也加さんと真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました」と沙也加さんと交際していたことを明かした。そのうえで「『王家の紋章』『マイ・フェア・レディ』にて同じ舞台に立たせていただき、女優としても、人としても、大変尊敬する存在でした。ただ今は、神田沙也加さんが天国でも、あの素敵な笑顔のままいてくれる事を願い、心よりご冥福をお祈りいたします」と故人を偲んだ。

 沙也加さんの恋人だった前山は、2.5次元からシェイクスピアまで幅広くこなす人気舞台俳優だ。

「前山さんは演技に対する真摯な姿勢と甘いルックスを兼ね備え、幅広い舞台で引っ張りだこの存在です。2.5次元では、『ヒプノシスマイク』、『刀剣乱舞』、『あんさんぶるスターズ!』とビッグタイトルの舞台版に軒並み出演しています。

 ファンの間ではお金持ちキャラで有名で、どこまで真実かわかりませんが、舞台上で共演者から『実家が超金持ちで、親に買ってもらったマンションに住んでいる。光熱費の存在を最近知った』とイジられたこともあります。『大阪のスーパーリッチボーイ』という呼び名でネタにされていました。明治学院大学出身という高学歴俳優でもあり、落ち着いた上品な佇まいが魅力です」(演劇ライター)

 かつて前山は、好きな女性のタイプについて、インタビューでこのように答えている。

〈話していて面白い人ですね。ギャグを言うとかじゃなくて、自分の意見があるというか、発言がその人らしい人。年下とか年上っていうのも特に気にしないし、服装もその人に似合ってたら何でもいい〉(「with online」2019年1月)

 自分の意見を持った女性というのは、たしかに沙也加さんと一致するようだ。ほかにも、

〈あちこちの取材で“面白い人”と答えているんですが、おしゃべり上手な人というよりは、知的好奇心の強い女性が好きかもしれません。たとえば僕が『この芝居、面白かったよ』と言ったら、『だったら、これも好きなんじゃない?』って、別の作品を勧めてくれるような。あとは、僕の好きなものを一緒に楽しんでくれたりとか〉(「めるも」2019年7月)

 とインタビューに答えており、一貫しているのは“面白い人”。知的好奇心が強い女性がタイプだった。
 
 前山もまた沙也加さんの急逝に強いショックを受けている。所属事務所ワタナベエンターテインメントは、「前山剛久は、現在突然の悲報に多大なるショックを受け、憔悴しきっている状況でございますので、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』の今後の公演につきまして、出演はございません」と発表した。なお、前山のInstagramは12月15日の投稿を最後に更新がストップしており(Twitterは17日が最後)、22日にはコメント欄が閉鎖された。

【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556(午前10時~午後10時)
フリーダイヤル0120-783-556(毎日午後4時~午後9時、毎月10日午前8時~翌日午前8時)
「日本いのちの電話連盟」
https://www.inochinodenwa.org/

関連記事

トピックス