ライフ

【書評】巨大組織になっても結党当初の枠組を保つ中国共産党の100年

『中国共産党、その百年』著・石川禎浩

『中国共産党、その百年』著・石川禎浩

【書評】『中国共産党、その百年』/石川禎浩・著/筑摩書房/1980円
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター所長)

 著者は中国の近現代史を専攻する学者である。研究テーマは、中国共産党の成立史。そんな研究者が同党の百年史を、このほどまとめあげた。

 周知のとおり、この党は一九二〇年代のはじめごろに産声をあげている。発足したのは上海であった。当時の同党へつどった人たちが、今日の隆盛を予想していたとは思えない。今の党は、大きく躍進した。かつての党とは似ても似つかぬ巨大組織に、なりおおせている。初期共産党の様子をしらべても、今日の分析には役立つまい。そう多くの人は思われよう。

 しかし、現在の共産党は、けっこう当初の型をたもっている。ソビエトの指導で、組織をこしらえた。その時に形づくられた枠組が、今なお生きているという。具体的な例も読まされ、いちいち得心した。なるほど、歴史をふりかえることは大事だなと、感心する。

 ただ、第一回の党綱領は、アメリカ共産党のそれを手本として作成された。ソビエトの指導をあおぎだしたのは、やや時代が下ってからである。また、それ以後も、ロシア語のできるソビエト留学組は、党内でけむたがられてきた。この本は、そんな人間関係のもつれにも、ページをさいている。

 国民党との対立を余儀なくされた初期の共産党は、農山村へもぐりこんだ。そこで、組織をきたえあげている。当時の地方農村は、中央の統治から見はなされていた。だからこそ、共産党の潜入も、やすやすと成功する。この指摘には、なるほどと膝をうった。

 しかし、共産党は手本としたソビエトほど強固な機構を、つくれていない。そのため、農村部には、文化大革命の時期でも闇経済が生きのびる。こういう下地が一九七〇年代以後のいわゆる改革開放、資本主義の導入をささえたという。その可能性をのべたくだりにも、感銘をうけた。

 こむずかしい社会主義の理論は、必要最低限の言及ですましている。それよりも、生身の人間をとらえようとした好著である。

※週刊ポスト2022年1月1・7日号

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン