芸能

船越英一郎が22才年下女優・松下萌子と交際 クリスマス、正月をともに過ごす

船越英一郎にに熱愛が発覚

船越英一郎の交際が発覚

 俳優・船越英一郎(61才)が女優・歌手でアーティストとしても活動する松下萌子(39才)と真剣交際していることがわかった。前妻・松居一代(64才)との泥沼離婚騒動から5年、「もう結婚はいいや」と周囲にこぼしていた船越がついに再婚を決意したという。

 サンタクロース柄のニットに、黒のロングスカート姿。スラリとした細身に黒髪、マスクをしていても目力が際立つ美女の左手の薬指には一粒ダイヤの指輪が輝いている。  
昨年12月24日の夕方、女性はローストチキンやお酒を手に、愛犬のチワワを抱えて足取り軽く都内の高級マンションに入っていく。翌日も、大晦日も、お正月も彼女は勝手知ったる様子で同マンションへ――。

 女性が通う部屋の住人は、“2時間ドラマの帝王”船越英一郎。あの離婚騒動から5年という長い年月を経て、船越はようやく穏やかな日々を手にしていたようだ。
 
      *
 女性は松下萌子。歌手、女優として活動する傍ら、現在はチョークアートが評価される新進気鋭のアーティストでもある。

「昨年夏前から萌子さんとの交際が始まったようです。お互いの年齢もありますし話し合いの末、再婚も決意した上での交際だと思いますよ。指輪もその証なのではないでしょうか。4~5年前は結婚はこりごりだと話していた彼ですが、その心を変化させるとは相当惚れ込んでいるんでしょうね」(松下の知人)

 松下は1997年、14才のときに米倉涼子(46才)らを輩出した『全日本国民的美少女コンテスト』で「マルチメディア賞」を受賞した。Moeco名義でチョークアーティストとして活動を開始したのは2013年9月。

「チョークアートは、特殊な塗料を塗った黒板にチョークやクレパスで絵を描きます。近年、欧米を中心に芸術作品として評価されています」(アート関係者)
 
 松下が単身、ニューヨークに渡ったのは10年前のこと。

「萌子さんはスパッと決断力のある人。もともと芸術方面に造詣が深く、自身も真剣にその道を学ぼうと20代最後の年に決意したそうです。語学を学びながらチョークアートの技術を磨いていました。国内はもちろん、アメリカや韓国、マレーシアなどでも作品を発表していて、世界中のコレクターから注目されるアーティストになりました」(前出・アート関係者)

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン