芸能

大原麗子さん 大女優の晩年を支えたのは近所の店のとんカツ定食

大女優・大原麗子さんが愛したとんカツ定食

大女優・大原麗子さんが愛したとんカツ定食

 多くの映画やドラマに出演し、たくさんの人から愛された大原麗子さん(享年62)。「少し愛して、長〜く愛して」と囁くサントリーレッドのCMはあまりにも有名だ。持病のギラン・バレー症候群を抱えながら仕事への復帰を目指していたが、2009年8月6日に自宅で亡くなっているのを実弟と警察により発見された。そんな大原さんが最後に食べていたものとは。(※文中は敬称略)

贔屓のとんカツ店には毎日のように通った

 類い稀な美貌とハスキーな甘い声で世の人々を魅了した大原は、普段から体形維持に気を配り、小分けにした食事を少量食べるのが習慣だった。だが、大好きな肉料理だけは例外だったと、実弟の大原政光さんは振り返る。

「中でも、とんカツは一人前をペロリと平らげていました。姉さんの自宅の近所にあるとんカツ店『かつ久』を大層気に入っていて、同じ日に昼夜2回も食べに行ったこともあるそうですよ」

 亡くなる前年の11月に右手首を骨折してからは、動くのもつらい様子だったが、『かつ久』の綱島麻江さんによれば、2009年5月末までは毎日のように店へ通っていたという。

「『お肉が大好きなの』と言ってお元気そうに召し上がっていました。その後急にお見かけしなくなり、心配していたんです」

 その2か月後、大原は自宅でひっそりと息を引き取る。冷蔵庫には、半分に切った大きなすいかだけが残されていた。その真ん中には、スプーンですくって食べた跡があったという。

「暑さで食欲もなく、すいかなら食べられたのでしょう。どうにか口にしたのかと思うと、とても感慨深いものがありました」(政光さん)

かつ久のとんカツ定食

かつ久のとんカツ定食

「芸能界の兄と姉」から贈られた大切な品々

 何度も共演した高倉健にプレゼントされた万年筆には、「No.1」の字が刻印されている。「健さんの一番に選ばれた」と喜んでいたという。

 美空ひばりからは、ディレクターズチェアをもらった。「一度も使わず大切に飾っていました。私がうっかり座ろうとして、ひどく怒られたことも」(政光さん)。

 政光さんの自宅には数え切れないほどの大原の写真が大切に保管されており、どれもため息がでるほど美しい。

「世間が抱く奥ゆかしいイメージとは違って、普段の姉さんはチャキチャキした明るい人でした」と政光さんは思いを馳せる。

撮影/玉井幹郎 取材・文/スペースリーブ(湯山幸奈、加藤瞳)

※女性セブン2022年1月20・27日号

来店した際には、いつも決まって入口付近にある窓際の席に座っていた

来店した際には、いつも決まって入り口付近にある窓際の席に座っていた

高倉健にプレゼントされた万年筆

何度も共演した高倉健にプレゼントされた万年筆には、「No.1」の字が刻印されている

美空ひばりからもらったディレクターズチェア

美空ひばりからもらったディレクターズチェア

政光さん

大原麗子さんの実弟の政光さん

大原さんの写真を手に

大原さんの写真を手に。写真は仕事の合間に撮影されたもの

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン