芸能

『ザ・ベストテン』、伝説の生放送ハプニング 空港に聖子現れず7分つなぐ

父は天才ヴァイオリニストといわれた黒柳守綱氏

12年間『ザ・ベストテン』の司会を務めた黒柳徹子

 毎週独自のヒット曲ランキングの上位10曲を紹介し、多くの歌手が登場して生歌・生演奏を披露する音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)。1978年から1989年にかけて放送され、1981年9月には番組最高視聴率41.9%を記録するなど、まさに伝説的な番組となっている。

『ザ・ベストテン』では、1位をお祝いする特別企画をあれこれ催すのが恒例だった。1981年は、前半に寺尾聰(74才)の『ルビーの指環』が12週連続1位、後半にはイモ欽トリオの『ハイスクールララバイ』が8週連続1位となり、作詞家・松本隆(72才)の作品が大ヒットした“松本イヤー”だった。同番組元ディレクターの宇都宮荘太郎さん(68才)が振り返る。

「『ルビーの指環』の1位連続記録の記念に、寺尾さんが好きなハイライトで記念たばこを作ったのが特に印象深いです。かなり前から発注しなければならず、完成前に1位が途切れれば水の泡。心臓に悪い企画でした」

生放送ゆえのハプニング続出

 生の歌番組だけに、次のようなハプニングがあった。

【1】松田聖子が『青い珊瑚礁』で初登場時、羽田空港に到着した飛行機のタラップで歌う設定だったが、到着がずれ、追っかけマンの松宮一彦アナが約7分もつなぎ、語り草となった。

【2】修学旅行生が宿泊する旅館の大広間に近藤真彦が突然現れて歌う設定のときは、大騒ぎになってけが人が出るかも!と、スタッフが必死にマッチを守った様子がすべて生中継された。

【3】中山美穂(51才)が到着した駅のホームに降りて歌う中継で、中山のイヤホンが故障。あわてたスタッフが自分のイヤホンを中山の耳に押し込んだが、黒柳に「耳に突っ込むのはおやめなさい」と怒られた挙句、歌えないままドアが閉まり、中山は走り去った。

【4】局内の別スタジオでドラマ収録中だった1位の郷ひろみ。収録が延びて1位発表に間に合わず、時間稼ぎのCM後に飛び込んできたが、結局歌の途中で番組終了。タイムキーパーが泣き崩れる事態に。

関連キーワード

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン