国内

家康「しかみ像」の謎 「三方ケ原の戦い」と無関係、仏像模した説も

しかみ像として伝わる絵図を模して作られた石像。家康の出身地である愛知県岡崎市の岡崎公園内にある(筆者撮影)

しかみ像として伝わる肖像画を模して作られた石像。家康の出身地である愛知県岡崎市の岡崎公園内にある(筆者撮影)

 三谷幸喜脚本のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が好調なスタートを切ったばかりではあるが、NHKはすでに2023年放送の大河ドラマ『どうする家康』の制作を決定し、先月末には脚本家や出演者らが集っての記者会見が行われた。令和の時代に新たな家康像を演じるのは、アイドルグループ嵐の松本潤。今年から来年にかけては、各地で徳川家康にまつわるイベントなどの盛り上がりが予想される。そうしたなか、家康を描いた有名な肖像画にまつわる定説が覆る事態が起きているという。歴史作家の島崎晋氏が解説する。

 * * *
 徳川家康は江戸幕府の創業者。その家康の肖像画は複数現存するが、記憶に残るという点では、頬杖をしながらしかめっ面をした「徳川家康三方ケ原戦役画像」、俗に「しかみ像」と称されるものが群を抜いているのではなかろうか。

 その「しかみ像」について、近年、定説が覆り、静岡県浜松市や愛知県岡崎市の展示施設などでは、従来掲げていた解説を撤去したり、展示の見直しを検討したりするなどの動きが出ているという(『東京新聞TOKYO Web』1月4日付「徳川家康「しかみ像」は慢心の戒めに描かせたのではなかった? 三方ケ原の負け戦とは無関係とする新説」より)。

 定説として語られてきた「しかみ像」の由来はこうだ。まだ織田信長も存命な戦国時代末期、家康は重臣たちの反対を押し切り、甲斐の戦国大名、武田信玄みずから率いる大軍に戦いを挑んだ(三方ケ原の戦い)。案の定、大敗北を喫し、命からがら逃げ戻った直後、慢心への戒めとして家康自ら絵師に描かせたのがこの「しかみ像」である──そう語られ、逸話としての面白さも重なり、小説やドラマでも長らく踏襲されてきた。

 ところが、2015年8月、尾張徳川家伝来の品々を中心に収蔵する徳川美術館の学芸員(当時)だった原史彦氏(現、名古屋城調査研究センター主査)が徳川美術館で開かれた講演会で「しかみ像」についての従来説を覆す新説を公表した。前掲の東京新聞記事によると、その概要は以下の4点にまとめられる。

 

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン