芸能

『鎌倉殿の13人』で注目の坂東彌十郎 デビューを阻んだ「高すぎる身長」

主人公・北条義時の父、時政役の坂東彌十郎

主人公・北条義時の父、時政役の坂東彌十郎

〈時政パパ、めっちゃいいキャラしてる〉、〈この役者さん何者だ〉、〈誰だか知らないけど存在感がすごい〉──1月9日にスタートしたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、放送直後からSNS上で話題になったのが、小栗旬(39)演じる主人公・北条義時の父、時政役の坂東彌十郎(65)だった。

「初めてこの役者を見たという視聴者も多かったようですが、歌舞伎界では知る人ぞ知る名役者。ファンからは“やじゅさん”と親しみを込めて呼ばれています」

 そう話すのは、演芸誌のベテラン記者だ。

 父は映画『地獄門』(1953年)やNHK大河『源義経』(1966年)など数々の時代劇に出演した歌舞伎役者の坂東好太郎。彌十郎も幼い頃から父の舞台を見て歌舞伎の世界に憧れたが、思うような活動ができなかった。

「原因は高すぎる身長です。現在も183cmと歌舞伎界随一の高身長ですが、幼い頃から周囲より頭一つ出ており、子役として使えなかったんです。初舞台は17歳で、これは歌舞伎役者としてはかなりの遅咲き。本人も“最大の敵は自分の背でした”とよく話していた」(演芸誌ベテラン記者)

 その後、縁あって3代目市川猿之助(現・猿翁)の元で修業を積み、「スーパー歌舞伎」で人気者に。主役を支える脇役から敵役まで幅広い役柄ができる貴重な存在として、数々の舞台に上がった。

「特に彌十郎さんを重用したのが、今は亡き18代目中村勘三郎さんと10代目坂東三津五郎さん。3人は幼馴染みで、歌舞伎界でも戦友のような存在でした。彌十郎さんの人気が高いのは、勘三郎さんと三津五郎さんを見守った“濃いファン”がついているからです」(同前)

 ちなみに『鎌倉殿』の脚本の三谷幸喜とは、2019年に初仕事をこなしている。三谷が作・演出した歌舞伎『風雲児たち』に彌十郎が出演。

「江戸時代に伊勢国からロシアに漂流した日本人団の一人を演じ、その芝居に三谷さんが胸打たれた。この縁で大河への出演が決まったのです」(歌舞伎関係者)

 大ブレイク待ったなし。

※週刊ポスト2022年1月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン