国内

PL学園野球部OB会中止 「教祖不在」となった母体教団のいま

PLはOB会も中止に

PLはOB会も中止に

 春夏通算7度の甲子園制覇を誇るPL学園高校野球部の廃部問題を取材するようになった2014年以来、私は新年早々に開催されるOB会総会の取材を「仕事始め」としてきた。プロ野球の2022年シーズンに向けて桑田真澄OB会長が巨人軍の1軍投手チーフコーチに昇格し、1987年に春夏連覇した時の主将である立浪和義が中日ドラゴンズの監督に就任するなど、今年の総会にも大きな注目が集まっていた。だが、昨年に引き続き新型コロナの感染拡大によって中止となってしまった。

 本来なら総会が予定されていた1月8日、私はPL学園の母体であるパーフェクトリバティー教団(以下、PL教団)の聖地に向かった。大阪府は近鉄喜志駅と富田林駅にまたがる広大な敷地内には老朽化した建物が建ち並び、新年が明けたタイミングでも人気はなかった。

 御木徳一(みき・とくはる)が起こしたひとのみち教団を引き継ぎ、2代教祖・御木徳近(みき・とくちか)が事実上の初代としてPL教団を立教したのは1946年だ。学園野球部の甲子園での活躍などによって知名度が高まり、教団は公称265万人にまで拡大した。しかし、3代教祖である御木貴日止(みき・たかひと)が1983年に教祖となって以降は、次第に教勢を失っていき、3代が2020年12月5日に63歳で亡くなってから聖地は時間が止まったかのように静まりかえっている。その理由は、4代教祖のなり手がおらず、教団トップの不在が続いていることに尽きる。教団の布教活動に長年携わってきた元・教団教師が話す。

「PL病院の理事長秘書をしている3代様のご長男や、長く教団の発展に貢献してきた幹部が教祖就任を打診されたようですが、いずれも就任には至っていない。3代様が帰幽(死去)されてもう1年以上が経過しますが、一般の会員(信者)が参加するような大きな祭典が実施されず、教祖の大切な仕事でもある信者子息への命名や、亡くなった方への諡(おくりな=仏教で言う戒名)も行われていない。もはやPLは宗教団体としての形を成していないように見えます」

 神道系の新宗教であるPL教団の信者が信仰する対象は、大元霊(みおやおおかみ)であり、教祖は現人神のような存在ではない。だが、信者の高齢化が進む中で、いつしか教祖その人を崇める風潮が生まれた。その教祖が不在という状態は、信者にとって信仰の対象を失ったようなものではないだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン