PL学園一覧

【PL学園】に関するニュースを集めたページです。

御木貴日止氏が3代教祖になった年、KKコンビが登場(写真/共同通信社)

PL教団の3代教祖死去で「PL学園野球部」は復活するのか?

 桑田真澄、清原和博、立浪和義、宮本慎也、前田健太ら80人以上のプロ野球選手を輩出した名門・PL学園野球部が活動休止となったのは2016年…

2020.12.15 07:00  NEWSポストセブン

野球の名門校だったPL学園も信仰と結びつきが強い(写真はPL教団の象徴・大平和記念塔)

PL教団3代教祖・御木貴日止氏が死去 後継者問題に注目集ま…

 春夏の甲子園で通算7度の優勝を果たした、名門・PL学園の硬式野球部が活動を休止してからおよそ4年──。学園の母体であるパーフェクトリバテ…

2020.12.08 16:25  NEWSポストセブン

1998年、3球団から1位指名を受けて西武に入団した松坂大輔(時事通信フォト)

プロに進まなかった”松坂世代”3人が語る「あの夏の衝撃」

“松坂世代”の一人、阪神の藤川球児投手が今季限りでの引退を表明したが、実際に甲子園で怪物・松坂大輔と対峙した選手の多くはプロ入りが叶…

2020.09.13 07:00  NEWSポストセブン

清原和博氏「PL学園OB会復帰」の鍵を握る桑田氏との因縁

清原和博氏「PL学園OB会復帰」の鍵を握る桑田氏との因縁

“番長”が動き出した。6月22日、『プロ野球ニュース2020』(CSフジテレビ)に清原和博氏(52)が生出演した。 2016年に覚せい剤取締法違反で…

2020.07.01 07:00  週刊ポスト

堀内恒夫は1966年にプロ入りした(時事通信フォト)

野茂、堀内、松井、大谷ら 新人時代から大活躍した名選…

 プロ野球界にはルーキーイヤーから大活躍する選手たちがいる。ここでは野茂英雄、堀内恒夫、松井秀喜ら、7人の選手たちのデビュー当時を振…

2020.04.01 07:00  週刊ポスト

YouTubeでの清原和博氏は生き生きしていた(イラスト/ヨシムラヒロム)

清原和博氏をYouTubeで見てその雑談力の高さを再確認した…

 元プロ野球選手によるYouTubeチャンネル開設が相次いでいる。豪華ゲストがたびたび登場する高木豊、選手の人事情報を公式より先に知らせる…

2019.12.22 16:00  NEWSポストセブン

島本浩也は4倍超に 阪神年俸大幅アップ選手の翌年の成績は?

島本浩也は4倍超に 阪神年俸大幅アップ選手の翌年の成績…

 12月5日、阪神の島本浩也が契約交渉に臨み、今季の年俸850万円から4倍超となる3700万円で更改。335%アップは球団史上4番目の記録となった…

2019.12.06 16:00  NEWSポストセブン

名物の一文字応援も復活

PL学園野球部 三代目教祖が示唆する“復活”の現実味

 引退から11年を経て、桑田真澄が母校のユニフォームに再び袖を通した。マスターズ甲子園に初出場したPL学園硬式野球部OB。その応援に、卒…

2019.11.21 16:00  週刊ポスト

週刊ポスト 2019年11月29日号目次

週刊ポスト 2019年11月29日号目次

週刊ポスト 2019年11月29日号目次「遺伝するがん」「生活習慣が招くがん」・降圧剤・糖尿病治療薬・胃薬・鎮痛剤・風邪薬ほか 「危ない薬…

2019.11.18 07:00  週刊ポスト

KKコンビの「外れ1位」遠山奬志が語る1985年のドラフト

KKコンビの「外れ1位」遠山奬志が語る1985年のドラフト

 今年のドラフトでは、佐々木朗希(大船渡)が4球団、と奥川恭伸(星陵)が3球団から指名され、それぞれロッテとヤクルトが交渉権を獲得し…

2019.11.07 07:00  NEWSポストセブン

高野連が「球数制限」導入へ、もし松坂大輔の時代なら…

高野連が「球数制限」導入へ、もし松坂大輔の時代なら…

 高校野球に、ついに「球数制限」が導入されようとしている。この改革によって、春夏の甲子園はこれまでとは全く違ったものに生まれ変わる…

2019.10.09 07:00  NEWSポストセブン

松井秀喜5敬遠の大会の優勝投手、夢は「監督で甲子園」

松井秀喜5敬遠の大会の優勝投手、夢は「監督で甲子園」

 あの甲子園優勝投手は今、何をしているのか? 多方面で活躍するかつてのエースたちの今を追った。(文中敬称略) たった1失点で投げぬい…

2019.08.28 07:00  週刊ポスト

甲子園から「怪物」が消えた夏 先発完投のエース不在に

甲子園から「怪物」が消えた夏 先発完投のエース不在に

 背番号「1」を背負ったエースが、9回を投げ抜いて勝利に導く──令和最初の甲子園では、星稜の奥川恭伸こそ3回戦の智弁和歌山戦でタイブレー…

2019.08.19 07:00  NEWSポストセブン

轟音に皆が振り返った

清原和博氏11年ぶりフルスイング撮、男児が「音、スゲー…

 一気に猛暑となった7月下旬のある昼下がり、都心のジムの一室で、一心不乱にバットを振る巨漢がいた。ガラス張りの部屋は、ティーバッティ…

2019.08.05 07:00  週刊ポスト

楽天・平石監督 現役実績少なくとも信頼を得るリーダー論

楽天・平石監督 現役実績少なくとも信頼を得るリーダー論

「名選手、名監督に非ず」といわれるが、プレーヤーとして実績を残していない指導者が監督として大成するには、並々ならぬ努力と指導手腕が…

2019.07.31 11:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォローまたはプッシュ通知を受け取る

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
  • プッシュ通知

トピックス