スポーツ

体重17キロ増の巨人・中田翔 「腰痛トラブル再来」を心配する声

中田翔がトレーニングを開始

中田翔がトレーニングによって17キロ増

 今季を背水の陣で迎える巨人・中田翔(32)が体重を17キロも増やしたことに、取材する記者からは賛否両論が巻き起こっている。沖縄・石垣島で行なっている自主トレでは、昨年より一回り大きくなった体でトレーニングの様子を披露した。昨オフからウエートトレーニングで自身を徹底的に追い込み、体重は92キロから109キロと一気に増えた。
 
 スポーツ紙記者は中田の肉体の変化に「今季への強い決意」を感じるという。

「昨季は腰痛を抱えて中田の持ち味である力強さが影を潜めていた。繊細な性格なので周囲の声も聞こえて野球に集中しきれない部分もあったと思います。体も細くなった感じがしてスイングに力が感じられなかった。ウエートトレーニングでは内転筋やハムストリングスなど下半身を意識して鍛えたと聞いています。肉体改造した体で引退危機から救ってくれた巨人、とくに原辰徳監督に恩返ししたい思いは強いでしょう」

 昨季は野球人生の岐路に立たされたシーズンだった。2020年に打点王を獲得し、日本ハムで引き続き「不動の4番」として期待されながら、打撃不振や故障によりファーム降格を経験。後半戦での巻き返しを誓ったが、8月11日にチームメートへの暴力事件で無期限の出場停止処分を受けた。しかし、急転直下で9日後の同月20日に巨人に電撃トレード。批判の声が殺到する中で即1軍で起用されたが、移籍後は出場34試合で打率.154、3本塁打、7打点と低調なパフォーマンスで一塁のスタメン確保もままならなかった。クライマックスステージでも代打で2試合しか出場機会を得られなかった。

 信頼回復に向けての「肉体改造」だが、別のスポーツ紙のデスクはこの取り組みに懐疑的な見方を示す。

「中田は野球センスの塊です。高校時代のケガがなければ投手としてプロで活躍できる可能性があったほどで、体は大きいが身のこなしが素早い。一塁の守備もグラブさばきは球界屈指です。打撃も上半身の力ではなく、下半身の粘りでスタンドに運ぶタイプです。ウエートトレーニングをしすぎることで長所であるしなやかさが失われるのが心配です。体脂肪が少なければ良いという問題ではない。体重が増えることで膝、腰には負担が当然かかるから、また去年のようなことにならないか心配です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン