国内

東大前刺傷事件で逮捕の少年 「勉強」への強いこだわり示す中学の卒業文集

現場

犯行現場の東大農正門前(写真/アフロ)

 東京メトロ南北線・東大前駅。受験勉強に打ち込んできた学生たちが、参考書を片手に大学入学共通テストの会場の東京大学へと向かうなか、Aはひとり焦っていた。何一つうまくいっていない──南北線車内で液体をまき、持っていたリュックサックごと火を付けようとしたがうまく付かない。Aは諦めてリュックサックを電車内に放置して東大前駅で下車。駅の階段で着火剤に火を付けて投げるも燃え広がらない。何度やっても同じだった。

 焦りと興奮が交じるなか、物を落としたことを男子学生に指摘される。その指摘に反発する言葉を叫びながらマッチをこすり火を付けて学生の方に投げるが、これもまた燃え広がらない。失敗が続き、罪を犯す決意を固めた人間なりの自尊心が傷ついたのか。それとも何一つうまくいかないことで、普段の自分がフラッシュバックしたのだろうか。Aは自らの拠りどころを急に叫び始めた。

「おれは偏差値73のX高校だぞ!!!」

 この叫び声をあげてから間もなくの午前8時半、Aは3人を立て続けに包丁で刺し、殺人未遂容疑で逮捕された。Aは17才の高校2年生だった。

深夜バスで上京、犯行前に制服姿に

 大学入学共通テスト初日の1月15日。Aが地元の名古屋から東京に来たのは、犯行に及ぶ2時間半前のことだった。

「前日の朝に制服姿で自宅を出たものの、学校を無断欠席しています。その日の足取りは不明ですが、途中で私服に着替え深夜バスに乗車し、名古屋から東京駅に向かって午前6時頃到着したようです。犯行前に再度、高校の制服に着替え直しています」(全国紙記者)

 その後、Aは東大周辺を一度下見していることを警察に供述している。冒頭のボヤ騒ぎを駅構内で起こした後、Aは東大前駅の出口を出てから胸ポケットに忍ばせていた刃渡り12cmの包丁を取り出した。

「駅から東大の農正門までの道を走りながら、次々に人を刺していったようです。まず72才の男性の右背中を刺し、その後17才の女子高生の左背中、最後に男子高生の右背中を刺しました。72才の男性は肺に血がたまって重傷です。

 Aの供述によれば男性を狙ったのは『駅を出てから最初に目にしたから』。下見をしていたことから無差別大量殺人を計画していたものとしてAから事情聴取をしています。使用した包丁のほかにナイフやのこぎり、栄養ドリンクの瓶に着火剤を差した火炎瓶のようなものが見つかっています」(前出・全国紙記者)

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン