スポーツ

江川卓氏、日テレ『Going!』卒業で巨人監督就任の目は出てくるのか

“江川監督”の待望論も(時事通信フォト)

“江川監督”の待望論も(時事通信フォト)

 巨人OBの江川卓氏(66)が、11年半にわたってレギュラー出演してきた日本テレビ系の『Going! Sports&News』を昨年12月25日の放送で卒業。今後に注目が集まっている。

「江川氏には毎年のように巨人の監督やコーチに就任する噂が出ていた。独特の切り口で巨人を分析し、解説がわかりやすいという評価で、期待するファンの声は多い」(日本テレビ関係者)

 とはいえ、1987年の引退以降、何度も“江川監督”の待望論がありながら、実現には至っていない。

「引退時には“将来の巨人監督候補”と見込む日テレの故・氏家齊一郎会長が後ろ盾となって専属野球解説者に起用。一方、不動産投資による負債などのイメージもあり、読売新聞の渡辺恒雄氏(グループ本社代表取締役主筆)がヘッドコーチはよくても監督就任には首を縦に振らなかったとされる」(巨人担当記者)

 2011年オフにはヘッドコーチ起用の動きがあったが、当時の球団代表だった清武英利氏が、渡辺氏による介入があったと告発する“清武の乱”を起こして実現しなかった。

「ただ、“渡辺氏の目の黒いうちには実現しない”と言われていた桑田真澄氏のコーチ就任が昨年実現。原監督は新たに3年契約を結んだとされるが、今季もV逸となればわからない。新庄(剛志)監督が誕生する時代。どんな人事でも驚きはない」(前出・日本テレビ関係者)

 しかし、指揮官としての能力について関係者に取材すると「江川? ダメダメ。評論家としても結果論のこじつけばかりじゃないか」(巨人OB)という厳しい声も。辛口評論の江本孟紀氏は、「江川に監督やらせてやったらいいんちゃいますか」としたうえで、こう続ける。

「やりたくて今まで日テレで粘っていたんでしょう? まあ、監督になっても面白くもなんともないと私は思いますが。江川はテレビでよく見通しを“五分五分でしょうね”と言っていたけど、それって批判されたくないわけです。それなら批判されても突き進む原のような監督のほうがまだいい。批判を怖がっていては、面白い野球なんてできませんよ。まあ、今は巨人のほうに起用する度量がないでしょうけどね」

 やはり“江川監督”への道は遠い?

※週刊ポスト2022年1月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン