芸能

ラストアルバムに制作の吉田拓郎 母への愛情と父への「許せない」思い

行きつけの焼き肉店を訪れた吉田と森下(2014年撮影)

行きつけの焼き肉店を訪れた吉田と森下(2014年撮影)

 集大成と位置付けるラストアルバム。その制作の過程で、吉田拓郎(75才)は人生を回顧しているのかもしれない。ラジオ番組で口にした母への愛と、父とのわだかまり。なぜいま公言する必要があったのだろうか──。

「母親に対しての愛は非常に深いものがありますが、残念ながら、父親に対しては許す感情すらありません」

 1月14日、吉田拓郎は自身のラジオ番組『吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』で、父への憤りを口にした。吉田の父・吉田正廣氏(享年76)は1895年に鹿児島県で生まれ、高校卒業後に朝鮮総督府(1910年に設置された官庁)の官吏(役人)を務めた人物だ。

「正廣さんは1930年頃に日本が統治していた朝鮮半島で、大規模な農村調査を行って農地制度近代化の基礎を作ったかたです。正廣さんの功績がまとめられた評伝本が出版されるほどの偉大なかたです」(吉田家を知る関係者)

 傍目から見れば“立派な父親”だが、吉田にとって正廣氏はいまなお受け入れ難き存在ということになる。親子の間に、何が起きていたのか。

 正廣氏は1931年に妻の朝子さんと結婚。末っ子の吉田が生まれたのは終戦の翌年で、一家が日本に引き揚げてきたときだった。

「一家は正廣さんの地元・鹿児島に戻ったのですが、正廣さんはなかなか職が見つからなかった。そのために、朝子さんが乳飲み子の拓郎さんを背負って、リヤカーでかぼちゃを売ったりして懸命に家計を支えていました。子供たちに少しでも栄養のあるものをと、たまに売り上げたお金で魚を買って焼けば、“金がないくせに魚なんて食べている”と、近所から後ろ指をさされたこともあったそうです。朝子さんはそのたびに、じっと耐えていました。

 その後、正廣さんは鹿児島県庁に就職して郷土史の編纂の仕事を担当するのですが、生計を立てるのもやっとな月給のうえ、学者肌の正廣さんはそのお金を仕事のために使うことも珍しくなかったようですよ」(前出・吉田家を知る関係者)

 朝子さんは一家を支えるため、栄養士の国家資格を取り広島の盲学校に働き口を見つけた。そして吉田の祖母と姉、吉田の3人を連れて広島に移住。吉田の兄は東京の大学に進学し、正廣氏は鹿児島に残って郷土史家としての仕事を続けることになる。吉田が小学3年生のときだった。以降、正廣氏が76才で亡くなるまで、吉田は父と生活を共にすることはなかった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン