芸能

志の輔、志らく、談春、伯山、小痴楽…5年後の『笑点』メンバーを大予想

『笑点』の「出る人」「入る人」を大胆予想(写真は神田伯山/共同通信社)

『笑点』の「出る人」「入る人」を大胆予想(写真は神田伯山/共同通信社)

 5年ぶりにメンバーの入れ替えがあった『笑点』(日本テレビ系)の大喜利コーナー。5年後に舞台に立っているメンバーは誰か。有名落語家、評論家が「出る人」「入る人」を大胆予想する。(全4回の第2回)

 1月23日、大喜利の新メンバーとして桂宮治(45)がお披露目され、視聴者の関心を集めたが、他のメンバーを見ると、最古参である林家木久扇(84)を筆頭に、三遊亭好楽(75)、三遊亭小遊三(74)、三遊亭円楽(71)、春風亭昇太(62)、林家たい平(57)と、70代以上が実に4人。高齢化は否めない。将来の『笑点』の大喜利は、いったいどんな顔ぶれになっているのか。

「ベテランと若手のバランスを取ることを大前提に、ぜひ彼に大喜利をやらせてみたい」

 落語家のヨネスケ(73)がそう言って推薦するのが、33歳の柳亭小痴楽だ。5代目・柳亭痴楽の息子としても知られている。

「誰が相手でも物おじしないのが魅力。小痴楽が高齢メンバー相手に喧嘩を売って、めちゃくちゃにぶった切る。これは間違いなく面白いよ。『笑点』といえば、かつては小圓遊師匠と歌丸師匠の掛け合いがウリだったけど、宮治と小痴楽の掛け合いも見応え十分だと思う」

 小痴楽は落語芸術協会所属の若手落語家と講談師で組まれたユニット『成金』でも注目を集めた。

「新メンバーの宮治も『成金』の一員だけど、みんな実力と勢いがある。誰でも大喜利をこなせると思うね。この『成金』メンバーでいえば、人気絶頂の講談師、神田伯山(38)も可能性はあるな。彼が大喜利メンバーになったら面白い化学反応が起きるよ。それから『成金』メンバーで、宮治と小痴楽と落語会『ワンダー3』で火花を散らす春風亭昇々(37)もバチバチやりそうで見てみたいね」(ヨネスケ)

『笑点』メンバーは「落語のうまさだけでは務まらない」というのはコラムニストで『落語論』の著書がある堀井憲一郎氏。その点から浮上するのが瀧川鯉斗(37)だという。

「元暴走族の総長で、しかも落語界きってのイケメン。キャラが立っているので、宮治と暴走族ネタで掛け合ったら面白い。『笑点』に新風が吹くと思います」

 一方で、落語評論家の広瀬和生氏は“所属先”の観点から新メンバーを占う。

「今の大喜利メンバーは司会の昇太を含め、小遊三、宮治と芸協(落語芸術協会)が強く、落協(落語協会)は木久扇とたい平だけ。バランス的に落協からのメンバー入りを考えたら、鈴々舎馬るこ(41)、柳家わさび(41)、三遊亭わん丈(39)が有力候補だと思います。とくに馬るこの実力はピカイチ。頭も切れる。

 もし芸協からさらに一人入るとなれば、春風亭昇也(39)かな。テレビは、寄席での実力はもちろんですがテレビ受けするキャラも大事。バラエティ向きの昇也は候補の一人だと思います」

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン