スポーツ

東洋の魔女を率いた名将・大松博文氏 選手が語る“鬼の大松”の素顔

大松博文監督と主将の河西昌枝。河西はチームではコーチ役も

大松博文監督と主将の河西昌枝。河西はチームではコーチ役も(写真/フォート・キシモト)

“東洋の魔女”を率いた希代の名将・大松博文。“鬼の大松”はいかにして女子バレーボールチームを最強の軍団に育て、世界の頂点へと導いたのか。選手だけが知る厳しさだけではない素顔から、歴史的快挙の裏側を伝える。(前後編の前編)

 1961年、大日本紡績株式会社貝塚工場(通称、ニチボー貝塚)の女子バレーボールチームに世界が震撼した。ブルガリアやルーマニアなどを巡る欧州遠征で、破竹の22連勝を遂げた彼女らを、海外メディアは「東洋の魔女」と称賛した。翌年には世界選手権で優勝。金メダルを獲得した1964年の東京五輪では、全5試合で落としたセットはわずか1セットという圧倒的な強さを見せつけた。

 各国のナショナルチームを相手取り、一企業の女子チームを世界一に導いたのは監督の大松博文。苛烈な練習を課したことから「鬼の大松」と呼ばれた。日中は社員として働き、16時頃から始まる練習は、深夜1時、2時。朝までおよぶことも少なくなかった。

 大松の打ち込むスパイクを受け続け、動けなくなってもさらに打ち込まれる様はメディアでも取り上げられ、ニチボーの労組が抗議したほどの過酷さだった。最年少メンバーとしてベンチにいた篠崎洋子は、当時をこう振り返る。

「動けなくなった宮本恵美子選手のもとに大松先生が歩み寄って『もうあかんのか』と詰め寄ったことがありました。宮本さんは『うち、丑年ですねん』と答えて(笑)。もうダメといわずに、その受け答えで数秒休んでいたんです。先生も『何を言っているんだ』と笑って戻って、練習再開。決して張り詰めてばかりの練習ではありませんでした」

 当時を知るメンバーはいずれも「(大松)先生は懐の広い人だった」「ボールは飛んできたけど、手をあげられたことは一度もない」と口を揃える。主力メンバーの半田百合子も同様だ。

「できなかったことができるようになるのは楽しい。難しいところの球を拾えたら嬉しいんです。できるようになるまでが、大変なんですけどね(笑)」

 厳しい練習のなかで、監督と選手との間に深い信頼が築かれていた。それはレシーバーのポジションでチームを支えた松村好子の次の一言からもうかがえる。

「オリンピックが終わっても先生がバレーをされると言うなら、私も続けるつもりでした。当時、私は22歳でしたけど、先生がやめたから、やめたんです」

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン