ライフ

左利きの鈴木大介九段 「将棋の世界で左利きと右利きで戦い方は異なる」

将棋に利き手はどう影響する?(イメージ)

将棋に利き手はどう影響する?(イメージ)

 かつては望ましくないとされて幼少期に矯正されることが多かった「左利き」の特性にフォーカスし、そのポテンシャルを探った『1万人の脳を見た名医が教える すごい左利き』(ダイヤモンド社)が12万部を超えるヒットとなっている。

 著者である加藤プラチナクリニック院長で脳内科医の加藤俊徳医師は、「僕自身が左利きで苦労した経験があり、それゆえに左利きならではの優れた点を探り、まとめたいと考えました」と語る。

 同書は左利きの人の脳について様々な角度から分析。「天才」と言われたり「変人」と見られたりする理由を数多くの関連研究とともに紹介している。

「自分の職業では、左利きであることの影響は大きい」と語るのは、棋士の鈴木大介九段。一瞬の閃きや記憶力が重要になる将棋の世界で、左利きと右利きでは戦い方が異なるというのだ。

「将棋は、大きく『居飛車』と『振り飛車』に戦法が分かれるのですが、右利きには飛車を最初の配置である右側のままにする『居飛車』が、左利きには飛車を盤面の左側に展開する『振り飛車』が多いと言われます。『居飛車』は一手ずつ積み重ねて読んでいきますが、『振り飛車』は10~20手先を読んで最終的な駒組みをイメージしていく傾向があるという違いがあります。

 また、左利きだと左側にある『角』を使いがちになります。右側にある『飛車』と比べると、斜めにしか動けない角にはクセがあります。その角を主体的に使っていくので、駒組みが独創的になりやすい。私の師匠(故・大内延介九段)も左利きですが、右利きの棋士とは考え方が少し変わってくるのかなという印象があります」(鈴木九段)

 将棋で重要な記憶力については、自身の体験からこう語る。

「私の将棋のスタイルは、棋士のなかでは“感覚派”だと思うのですが、たとえば対局の盤面を思い出す時、五感のイメージを元に思い出すことが多い。寒かったのか暑かったのか、自分が何を食べたのかといった記憶から辿って盤面が思い出されます。記憶力はいいほうだと思います」(鈴木九段)

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン