芸能

長谷川京子、40歳を機に心境変化 昨年の離婚に続き事務所との契約も終了

いつ何時でもおしゃれにぬかりナシ

いつ何時でもおしゃれにぬかりナシ

 女優の長谷川京子(43)が所属事務所との契約を終了し、今後は個人で活動していくことを発表した。

 ハセキョーの愛称で親しまれる長谷川は、1999年頃からファッション誌のモデルとして人気となると、2001年に女優デビュー。映画、ドラマ、舞台、CMとさまざまな分野でカリスマ的な存在感を示し、若い女性を中心に「ハセキョー現象」が生まれた。

 ロックバンド「ポルノグラフィティ」のギタリスト・新藤晴一(47)と結婚したのは、人気絶頂だった2008年。知り合って3か月での超スピード婚だった。その後31歳と33歳のときに出産。夫婦揃って子供の運動会に参加した姿が目撃されるなど、女優も続けつつ子育てを中心とした生活にシフトしていく。

 子育てが一段落し40代に入った頃、長谷川の心境に変化が生じた。昨年女性誌『ELLE』デジタル版に掲載されたロングインタビューで、長谷川は〈40代に入ったとき、子育ての第一ステージが一段落したな、という実感があって。これからはもっと自分のために生きてもいいんじゃないかなと〉と語っている。

 また『anan』2021年9月29日号でも長谷川は〈30代は、仕事をしながら子育てに追われた毎日。なかなか自分の体に目を向ける余裕も時間もなかったですね。ステージが変わり、40代になった今、ようやく自分自身を愛おしむことができるようになりました〉とも発言。

「子育てがひと段落したこともあり、長谷川さんにとって、40歳というのは大きな節目だったようです。40代に入ってすぐの2019年には16年ぶりとなる写真集を発売し、『家庭がありながらも、出会ってしまった不可抗力な恋愛』という意味深なコンセプトのもと、大胆なビキニ姿で変わらぬボディラインを披露しました。

 さらに2020年には芸能生活24年目で初めてとなるラジオ生放送『長谷川京子のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)にも挑戦。これまでセーブしていた分を取り返すかのように精力的に活動するようになりました」(芸能記者)

 昨年5月には自身がプロデュースするランジェリーブランド「ESS by(エスバイ)」を立ち上げた。「ESS by(エスバイ)」のコンセプトは、「自愛」。肌と密に触れる下着からこだわることによって、女性が自由に自分を愛せるようになるきっかけになれば、という想いから同ブランドをプロデュース。長谷川自らモデルとなり、ブラやショーツを身にまとったセクシーなカットが話題を呼んだ。

関連記事

トピックス

勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
確定申告期間中の東京国税局(時事通信フォト)
「300万円以下の副業は雑所得」案 サラリーマンが看過できないデメリット
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン