ビジネス

小林陵侑らスキージャンプ日本代表を支えるミズノの「スーツ調整」職人の思い

小林陵侑の金メダルを支えた「スーツ」の秘密とは(dpa/時事通信フォト)

小林陵侑の金メダルを支えた「スーツ」の秘密とは(dpa/時事通信フォト)

 北京五輪では、2018年の平昌五輪のメダル13個(金4、銀5、銅4)以上を狙う日本代表。その目標を現実のものとするためには、選手の能力だけではなく世界に誇る「日本の技術」が欠かせない。小林陵侑が今大会における日本人選手の金メダル1号を獲得したスキージャンプやこれからメダルラッシュが期待されるスピードスケートは、日の丸メーカーが選手をサポートしてきた。スポーツメーカー関係者がこう語る。

「冬季五輪はすべてがギアのスポーツ。夏季五輪も厚底シューズや高速水着が話題になりましたが、冬季は夏季よりその要素が強くなります。用具の性能が競技結果に大きく影響するため、アスリートを支える用具職人たちは、繊細な作業で微調整を繰り返しているのです。

 ウェアも重要な用具のひとつ。例えばスピードスケートはいかに空気抵抗を抑えられるかがタイムに影響するし、浮揚力を利用するスキージャンプはスーツの大きさが飛距離に大きく影響する。そのためにレギュレーションが厳しく、やはり職人技での調整が必要になります」

 選手と二人三脚でメダル獲得を狙う日本企業の地道な努力を紹介していこう。

 冬季五輪出場選手に用具を提供するメーカーの中でも特に目立つのがミズノだ。五輪3連覇が期待される羽生結弦らのフィギュアスケートをはじめ、スピードスケート、ショートトラック、スキージャンプ、ノルディック複合、クロスカントリー、カーリングの7競技をサポートする。冬季五輪の種目はマイナースポーツが多いため、競技人口が少なく市場規模も小さくなる。それを長年にわたって支えてきたのがミズノなのだ。

 小林陵侑のノーマルヒルの金メダルで幕を開け、大会後半に向けてはラージヒルや団体でメダル獲得を狙うスキージャンプも、選手たちが着用するジャンプスーツの開発に工夫が重ねられた。担当する尾形優也氏(24)はミズノ入社2年目の元ノルディック複合の選手。入社直後の昨シーズンからW杯で海外を転戦する選手に同行し、選手の体型に合わせてスーツの調整を行なってきた。

「ジャンプスーツのルールはとても細かくシビアで、違反となれば即失格となる。そのルールを熟知し、選手の体型に合わせながらも不利にならないように“攻める気持ち”でスーツを調整しています。元選手だからこそ持ち得る感覚が活かせればと思っています」(尾形氏)

 女子スピードスケートのエースで複数メダル獲得が期待される高木美帆や小平奈緒らが着用するスーツにも開発に至る数々の工夫があった。ミズノのコーポレートコミュニケーション室の広報担当者がこう明かす。

「前回の五輪直後に開発を始め、約3年半かけて空気抵抗を約3%抑えられるレーシングスーツを完成させました。今回から、スポーツ庁の委託事業として日本スポーツ振興センターにも開発に加わってもらいました。

 競技場で想定される風を再現した風洞実験を重ね、その実験で最も空気抵抗が小さいとされた生地でも、選手が実際に着用するとフィーリングが合わず、さらに実寸大人形模型による実験を繰り返すことが必要でした。実験で出た数値と選手のフィーリングの両方が良いものにたどり着くのに多くの時間を要しました」

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン