ビジネス

スキー日本代表を支えるデサント イルカからヒントを得たウェア開発秘話

スキーウエアは空気抵抗をどんどん減らす方向に進化

スキーウエアは空気抵抗をどんどん減らす方向に進化(写真はイメージ)

 北京五輪には、メダル獲得を目指す日本のトップアスリートたちが次々と登場する。そうした世界が注目する華やかな舞台の裏には、選手を陰ながら支えてきた「用具職人」たちの地道な努力があった──。

 安藤麻らの活躍が期待されるスキー・アルペン競技。デサントは、イルカの皮膚からヒントを得た、表面に縦の溝が入った「ドルフィンスキン」と呼ばれる空気抵抗を抑えたレーシングジャケットの製作を担当している。同社のPR推進課はこう説明する。

「空気抵抗の削減も重要ですが、天候や気温、ゲレンデの状態により選手はターンの仕方や姿勢を調整して滑ります。データ上の数値の良し悪しだけでなく、選手の動きやすさやウェアとの相性も重要です。縫製には技術力が求められるため、日本選手分は国内の自社工場で縫製を行なっています」

 コロナ禍でのサポートにぬかりはない。

「通常はウェアの修理や選手の直前の体形変化にすぐに対応できるよう担当者がミシンを持って現地入りしているが、今回はコロナ対応で制限が厳しく同行できません。北京の自社工場と連携し、できる限りの対応をする予定です」(同前)

 2020~2021年シーズンの出場3大会すべてで優勝を飾った戸塚優斗、スケートボードと二刀流の平野歩夢が出場するスノーボード・ハーフパイプのオフィシャルウェアはヨネックスが担当している。日本の複数のスポーツメーカーにとって、冬季五輪は“腕の見せどころ”なのだ。

 大阪・守口市に本社がある「マテリアルスポーツ」は、「ID one」のブランドで、人工のコブの急斜面を滑走するフリースタイルスキーのモーグルで使うモーグル板を製造。開幕してすぐに本番を迎えた堀島行真、「上村愛子二世」といわれる川村あんりなど、北京五輪代表の男女8選手のうち7選手が同社の板を使っている。

 元々ゴーグルの販売代理店だったが、2000年に藤本誠社長が上村愛子にモーグル板を提供するためにゼロから立ち上げたブランドで、エッジに刻みを入れてしなるクラックドエッジを採用し、理想的な形状やバランスで瞬く間にトップブランドになった。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン