ビジネス

「長年の王者」TBSラジオの苦戦 フジテレビと共通する“栄華の弊害”も

TBSラジオの聴取率調査の首位陥落は必然だったのか

TBSラジオの聴取率調査の首位陥落は必然だったのか

 長年の王者が凋落する共通点とは──。昨年6月の『首都圏ラジオ個人聴取率調査』で、20年ぶりに首位の座を追われたTBSラジオ。8月にはTOKYO FMと同率1位だったが、10月と12月には再び2位に下落した。ラジオ局関係者は「必然といえば必然」と淡々と振り返る。

「2018年に三村孝成社長が就任してから『聴取率調査』週間を重視しなくなりました。ラジオ局はいつもその時期は“スペシャルウィーク”と銘打って、豪華なゲストを呼んだり、リスナーへのプレゼントをしたりします。TBSラジオはそれを辞めたんです。三村社長は、ラジオへの評価の基軸をradiko(ラジコ)などを使って番組への延べ接触人数がわかる『ラジオ365データ』に変えました」

 TBSラジオは方向転換したが、他のラジオ局はいまだに『聴取率調査』週間に重きを置いている。

「もちろん、他局もradikoなどの数字を重視していますよ。ただ、radikoではなくてラジオ本体で聞いている人もたくさんいる。特に昔からのラジオ好きや高齢者はそうでしょう。どちらのデータも併用すればいいのに、三村社長は『聴取率調査』を気にしない方針にした。うがった見方をすれば、トップから落ちることを予見していたのかもしれません。ちなみに、2021年度のradikoのユニークユーザー数では首都圏全局の中でニッポン放送が月間首位を何度も獲得しています」

 TBSラジオは午前中は生島ヒロシ、森本毅郎、大沢悠里、午後は荒川強啓というパーソナリティが人気を保ってきた。しかし、盤石の体制のため、新たな番組を生めないというジレンマもあっただろう。

「彼らの番組を立ち上げて人気番組にしていった社員は、いわゆる“ゼロイチ”の仕事をした。何もないところから、どうすれば他局に勝てるか考えて、試行錯誤をした。しかし、タイムテーブルが固定されて動かなくなってから入社した社員は、その流れに乗ればいいだけになる。ゼロから自分たちで番組を作るという経験を若いうちにあまりやることができなかった。その人たちが上の立場になった今、苦戦している状況です」

人気があったゆえに陥るパラドックス

 テレビ業界に目を移せば、フジテレビは1980年代から30年近く栄華を誇っていたが、近年は視聴率争いで上位に顔を出せていない。テレビ局関係者は「人気企業になり過ぎた弊害が出た」と分析する。

「フジは2010年前後に長年、人気番組を作ってきた腕のあるディレクターが退社したり、関連企業に出向したりして、どんどん現場からいなくなり、ノウハウが受け継がれなくなった。フジは豪華なタレントを集めて数字を取りに行くイメージがあったかもしれませんが、優秀な裏方がいたから、彼らの魅力を引き出せていた。企画や構成が見事だったんです。作り手が変わっていったことで、従来の人気番組の視聴率も下がっていき、『笑っていいとも!』や『めちゃ×2イケてるッ!』などの局を代表するコンテンツが終了していった」

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン