ビジネス

「長年の王者」TBSラジオの苦戦 フジテレビと共通する“栄華の弊害”も

『伊集院光とらじおと』も3月で終了する(時事通信フォト)

『伊集院光とらじおと』も3月で終了する(時事通信フォト)

 数字が下がると、タレントのパワーダウンばかり指摘されるが、実際はスタッフの力量による部分も少なくない。

「フジは1990年代に就職活動生の人気企業ランキングで1位になるなど、憧れのテレビ局だった。ただ、憧れが強すぎて就職してしまうと、憧れの企業で仕事できていることだけで満足してしまいがちだし、そうなると憧れの番組を超える番組を作るのはなかなか難しい。自分では大した番組を作っていないのに、フジの社員というだけで変にプライドを持ってしまう人も中にはいました」

 両企業とも頂点を極め、人気があったゆえに陥ったパラドックスかもしれない。30年近く好調だったフジテレビはこの10年ほど結果を残せていない。TBSラジオも同じような運命を辿ってしまうのか。

「大沢悠里さんの後を引き継いで、好調だった午前中の『伊集院光とらじおと』も3月で終わってしまいますし、ここ数年は迷走している印象です。ラジオの番組編成の定石として、夜22時以降の時間帯は若者に聞いてもらい、そのパーソナリティとリスナーの年齢が上がるにつれて、今度は午前のワイド番組、土曜や日曜の午後を任せるという方程式があった。ニッポン放送の三宅裕司、文化放送の吉田照美などがそうでしたし、伊集院もその1人だったと言っていいでしょう。『らじおと』後任のパンサーの向井慧はTBSラジオと今まで特に関わりはない。苦しい台所事情が窺えます。『聴取率調査』ではまだ2位ですが、ネットを見ると数字以上にリスナーの心が離れていっているように感じます」(前出・ラジオ関係者)

 ここからどう巻き返しを図るのか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン