芸能

西郷輝彦さん末娘の女優・今川宇宙、父の死を明かさず千秋楽「舞台袖に響いた慟哭」

西郷輝彦さん(写真/AFLO)

75歳で亡くなった西郷輝彦さん(写真/AFLO)

 2月21日、西郷輝彦さんの所属事務所が、《西郷輝彦に関するご報告》と題した文書を発表した。

《これまで西郷輝彦を応援してくださった皆様にご報告させていただきます。西郷輝彦(本名:今川盛揮)が長きにわたり、前立腺がんとの闘いの末、去る令和4年2月20日午前9時41分、75歳にて都内の病院にて永眠いたしました。ここに生前のご厚誼を深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます》

 医師から「ステージ4」の深刻な状況だと宣告された西郷さんは昨年春、オーストラリアに渡り、最先端治療を受けていた。治療は順調に進んでいたかに思えたが、昨年9月末に帰国すると、がんが消えていないと診断された。

 太眉の似合う昭和のスターは、最後の最後まで「生きること」を諦めなかった。強烈な副作用に人知れず耐え、仕事をこなし続けた。なぜ彼はそれほど頑張れたのか──背景には、愛娘と交わした約束があった。

 西郷さんは、歌手の辺見マリ(71才)と1972年に結婚し、長男と長女の辺見えみり(45才)が生まれたが、1981年に離婚。1990年に19才年下の一般女性と再婚し、3人の娘を授かった。

 入院中、西郷さんは「娘たちの活躍する姿をまだまだ見ていたいから」と奮起していた。彼女たちの存在が苦しい闘病生活の励みになっていたのだろう。なかでも三女で女優の今川宇宙(25才)は溺愛していたという。

「末っ子の宇宙さんは西郷さんが50才のときのお子さんで、“この子が20才までは頑張って仕事をする”と常々言っていました。3人姉妹のなかで唯一、芸能界に進んだ宇宙さんの夢は、“いつか父親と共演すること”。親の七光りに決して頼らず、舞台を中心に着実に成長を遂げています。3年前には西郷さんの個人事務所の取締役に就任しましたし、名実ともに西郷さんの魂を継ぐ人です」(西郷家の知人)

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン